【レディース】スキニーパンツとは?気になる体型カバーもできる選び方とコーデ集!

スポンサーリンク

 

 

スキニーパンツは、タイトで脚のラインを美しく魅せることができ、様々なトップスに合わせやすいアイテムです。

しかし、それゆえ「スキニーパンツを履くと、ピチピチになってしまう…」「脚のラインが強調されてしまい、下半身が太って見える…」という悩みをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

そこで、このような悩みをお持ちの方でもスキニーパンツコーデを楽しめるよう、体型のカバーもできる上手な着こなし方やスキニーパンツのコーディネートについてご紹介していきます。

是非、普段のコーデのご参考にしてみてください!

 

合わせて読みたい

  雑誌やSNSでもよく見かける、カジュアルモードというファッションのテイスト。実際どんなテイストですか?という質問をよく受けます。 まずカジュアルは英語でくつろ[…]

 

 

全品後払いOK!!【instokyo】

 

目次
スポンサーリンク

◇◆スキニーパンツの魅力

 

そもそもスキニーパンツとは?

 

スキニーパンツの「スキニー」には「ほっそりとした、痩せた」という意味があります。

つまりスキニーパンツとは、脚にぴったりとフィットするような細いラインのボトムスのことを指します。

黒をイメージする方も多いですが、様々なカラーでも定義にはめればスキニーパンツに属するアイテムとなります。

 

 

スキニーパンツ自体にはシンプルなデザインのものが多く、様々なコーディネートに合わせやすく着回ししやすいのが特徴です。

また、カラースキニーパンツと呼ばれるアイテムは、履くだけでコーディネートを華やかに彩ってくれます。

 

 

スポンサーリンク

◇◆スキニーパンツの選び方と着こなし方のポイント

 

スキニーパンツを気になる体型をカバーできるように、なおかつお洒落に着こなすためには、アイテムの選び方と着こなし方に気をつけなければいけません。

スキニーパンツの選び方と着こなし方のポイントは、主に4つほどあります。

それぞれの項目について見ていきましょう。

 

 

ポイント①:裾があまらないものを選ぶ

 

スキニーパンツを選ぶときには、裾があまらないものを選ぶようにしましょう。

パンツの裾があまっている部分を「クッション」と呼ぶことがありますが、このクッション部分があまらない丈のスキニーパンツを選ぶことで、コーディネートをすっきり魅せることができます。

反対に、このクッション部分があまってしまうことでだらしがない印象になり、スキニーパンツの良さが損なわれてしまうおそれがあるので注意が必要です。

 

 

ポイント②:細すぎないものを選ぶ

 

一般にスキニーパンツといえばタイトで細いラインのアイテムのことを指しますが、商品によってはストレッチ性がありややゆったりめに着用できるものや、極度にタイトでスリムな脚のラインになるものなど、様々な種類が存在します。

ストレッチ性があり、ややゆったりめに着用できるスキニーパンツを選ぶことで、気になる下半身の体型をカバーしつつお洒落を楽しむことができるでしょう。

 

合わせて読みたい

  現代日本人に多いぽっこりお腹やお尻のたるみ、締まりのない足・・・・。下半身にコンプレックスを抱く女性も多いのではないでしょうか。 最近ではコロナ禍でリモートワ[…]

 

 

ポイント③:ハイウエストすぎないものを選ぶ

 

ハイウエストのスキニーパンツには脚を長く見せる効果があります。

しかし、ハイウエストすぎるものは脚のラインがより強調されることがあり、下半身が太っているように見えてしまうことがあります。

そのため、体型が気になる方はハイウエストすぎないスキニーパンツを選ぶのが良いでしょう。

 

 

ポイント④:YラインかIラインのシルエットを作る

 

スキニーパンツをお洒落に着こなすためには、「Yラインシルエット」、または「Iラインシルエット」を作り出すことを心がけてみましょう。

Yラインシルエットは、トップスはゆったりとしたものを、ボトムスはスキニーパンツのようにタイトで細めのものを着用し、全体的にアルファベットのYを作るようにします。

Iラインシルエットは、アルファベットのIを作るように、トップスもボトムスも細めでタイトなものを選ぶようにしてください。

 

ただし、縦のラインを作るIラインシルエットは、トップスもボトムスも細めでタイトなアイテムを選ぶことになるため、人によっては体型が気になってしまう方もいるでしょう。

そのときは、ロングカーディガンやシャツワンピースなどのアイテムを使うことで、Iラインシルエットを作り出しつつも気になる体型をカバーすることができます。

 

合わせて読みたい

  オシャレなコーディネートを組むために、大切なのがシルエットを意識すること。きれいなラインのシルエットでまとめるだけで、コーディネートがより魅力的になります。 […]

 

 

流行のファッションアイテムをお探しならfifthの通販サイト!

 

スポンサーリンク

◇◆【キリッと引き締まる黒スキニーパンツを使ったおすすめコーデ集】

 

パキッとした色合いの黒のスキニーパンツは、シンプルで着回ししやすいだけではなく、コーディネートをキリッと引き締めてくれる効果もあります。

ここでは、キリッと引き締まる黒のスキニーパンツを使ったコーデについてご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

■シャツワンピースから黒スキニーパンツを覗かせて

出典:https://rakuten.co.jp

 

コーデポイント


下半身の体型が気になるためスキニーパンツをなかなか履くことができない方も、ロング丈のシャツワンピースと合わせることで脚のラインもヒップもウエストもカバー。

シャツワンピースの裾からちらっと覗く黒スキニーが、あたたかみのあるキャメルベージュカラーを引き締めてくれます。

足元はホワイトカラーのサンダルでまとめて、抜け感を出してみて下さい。

 

 

合わせて読みたい

  定番のホワイトから、この春も引き続きトレンドのシースルー素材まで、様々なブランドから豊富なデザインが発売されているシャツワンピース。 着こなしを工夫すれば季節を問わず[…]

 

 

スポンサーリンク

■タイトなモノトーンコーデも淡いピンク色で甘さを加えて

出典:https://rakuten.co.jp

 

コーデポイント


白のロゴTシャツに黒スキニーを組み合わせたタイトなモノトーンコーデも、淡いピンク色をしたショート丈のコートを合わせてほんのり甘さを加えて。

厚みのあるショート丈のコートと黒のスキニーパンツを組み合わせることで、Yラインシルエットを作り出し、目線をトップスの方へと誘導させ、下半身を目立ちにくくします。

足元はフェミニンライクな白のヒールでまとめて、抜け感を出しましょう。

 

 

合わせて読みたい

  誰でも簡単に大人っぽくなれる「モノトーンコーデ」。季節・年代を問わず挑戦しやすいコーデですが、シンプルがゆえにマンネリ化してしまう方もいるのではないでしょうか? […]

 

 

■レースのロングカーディガンでIラインを作るコーデ

出典:https://rakuten.co.jp

 

コーデポイント


Vネックのリブニットに黒スキニーパンツというシンプルなモノトーンコーデも、レースのロングカーディガンを合わせるだけでほんのりキレイめスタイルに仕上がります。

Iラインシルエットを作り出すためのロングカーディガンを合わせるときは、中に着用するトップスやボトムスもタイトなものを選ぶのがポイントです。

足元はギンガムチェックのパンプスでまとめて、少女の幼さがちょっぴり残っているようなキュートさを演出して。

 

 

合わせて読みたい

  大人の落ち着き、余裕、頑張りすぎない抜け感をおしゃれに取り入れるのがオトナ女子ファッション。キレイ目もカジュアルも大人っぽいニュアンスでコーデを組んだり、年齢にとらわれない、そして若さ[…]

 

 

■タイトな黒スキニーとニットを合わせて秋冬コーデ

出典:https://www.amazon.co.jp

 

コーデポイント


タイトな黒スキニーと縦縞模様が入ったニットを合わせて、ゆるやかなYラインを作り出す秋冬コーデ。

さらに、ほっそり見えする黒スキニーと、ニットの縦縞模様が縦のラインも作り出してくれます。

少し丈が長めのニットを合わせるのがコーディネートのポイントになります。

足元は革製のショートブーツでまとめて、重厚感を重んじたコーディネートに仕上げましょう。

 

 

合わせて読みたい

  寒い季節はもちろん、夏には冷房よけや日差しよけなど、今やオールシーズン着ることが多いニットアイテム。今年はひとつ、お気に入りのカラーをプラスしてみませんか? […]

 

 

■甘めギンガムチェックも黒スキニーでクールにキマる

出典:https://www.amazon.co.jp

 

コーデポイント


甘めの黒のギンガムチェックのトップスも、キリッと引き締まる黒スキニーでまとめてクールにキメて。

それほどボリュームがないように見えるトップスも、ボリューム袖やバルーン袖のものを使ってゆったりとしたYラインシルエットを作ることを意識してみましょう。

足元は革製のアイテムでまとめて、全体的にクールでモードなコーディネートに。

 

 

合わせて読みたい

  “袖コンシャス“。最近そんな言葉をよく耳にしませんか。コンシャス【conscious】とは英語で【意識的な】という意味です。 つまり“袖に意識を向けた服”・・[…]

 

 

■グレーのチュニックと黒スキニーがアンニュイな雰囲気を醸し出す

出典:https://rakuten.co.jp

 

コーデポイント


グレーのリネン素材のチュニックに黒スキニーを組み合わせた、シンプルながらもアンニュイな雰囲気を醸し出すコーデ。

チュニックの丈はヒップと太もも周りをカバーでき、さらにスリッド入りで抜け感と色気を演出。

足元は黒のコンバースでまとめてカジュアルライクに仕上げるのも、黒のパンプスでまとめてレディライクに仕上げるのもおすすめ。

 

 

合わせて読みたい

  モダンファッションとは?(ファッションイメージとしてのモダンとは)モダンと言う言葉はインテリアや、建築、アートなどでもよく使われているイメージがあるかと思います。ファッッションにおける[…]

 

 

◇◆【白スキニーを使ったおすすめコーデ集】

 

白のスキニーパンツは、コーディネートに明るさをプラスしてくれるアイテムです。

そんな白のスキニーパンツを使ったコーデについてご紹介します。

 

 

■イエローカラーを差し色にして華やかさをプラスした白スキニーコーデ

出典:https://www.amazon.co.jp

 

コーデポイント


ノースリーブのチュニックと半袖のカーディガン、白スキニーを合わせたコーデ。

丈が長めのチュニックは、気になるヒップと太もも周りをカバーしてくれます。

ちょっぴりアジアンでエスニックな雰囲気も感じられる紺の柄物チュニックには、白スキニーを合わせて軽さと明るさを加えましょう。

ッグや靴は明るいイエローカラーのアイテムでまとめて、コーディネートに華やかさをプラスして。

 

 

合わせて読みたい

  素敵なファッションコーディネートに仕上げるためには、いくつか押さえておくポイントがあります。 トータルバランス、色の組み合わせやトレンドをおさえるのはもちろんですが、[…]

 

 

■カーキのプルオーバーと白スキニーでシンプルなコーデ

出典:https://www.amazon.co.jp

 

コーデポイント


重みのあるカーキのプルオーバーも、白スキニーを合わせることで軽さと明るさをプラスしたシンプルでベーシックなコーデに仕上がります。

ビッグシルエットっぽさもあるカーキのプルオーバーは、ゆるやかなYラインシルエットとIラインシルエットの両方を作り出します。

足元は黒のパンプスでまとめて、レディライクにコーディネートを引き締めて。

 

 

合わせて読みたい

  ファッションにおけるベーシックとは?ベーシックファッションとはTシャツや襟が付いているシャツ、ジャケットやジーンズなど着回しアイテムとしてベースになるファッションのことを言います。また[…]

 

 

■ストライプシャツと白スキニーで細見え効果を狙う

出典:https://rakuten.co.jp

 

コーデポイント


清涼感溢れるストライプシャツとタイトな白スキニーパンツで、身体のラインを美しく魅せるシルエットを作るコーデ。

トップスのストライプシャツは、ストライプ模様でIラインシルエットを作りながらも、裾の前だけインが生み出すゆったり感によって若干Yラインシルエットも作り出してくれます。

さらに、シャツのストライプ模様で細見え効果を狙いましょう。

ほどよく開いたシャツのVネックで、デコルテ部分をすっきりと魅せて。

 

 

合わせて読みたい

  デコルテをきれいに魅せてくれるスキッパートップス。着回し豊富で大人な女性らしいコーデを完成させてくれるアイテムですね。 今回、スキッパーシャツ・スキッパーブラ[…]

 

 

毎日のファッションをオシャレに!まとめ買いならSHOPLIST.com

 

◇◆【デニムスキニーパンツを使ったおすすめコーデ集】

 

デニムスキニーパンツは、コーディネートをカジュアル、またはシンプルに仕上げてくれるアイテムです。

そんなデニムスキニーパンツを使ったコーデについてご紹介していきます。

 

 

■ショートカーディガンとデニムスキニーで脚長効果

出典:https://www.amazon.co.jp

 

コーデポイント


腰周りがゆったりしたダークブルーのデニムスキニーパンツと、ショートカーディガンを組み合わせたシンプルでベーシックなコーディネートは、脚長効果が期待できます。

ショートカーディガンに施されたストライプが、より身体のシルエットを細く魅せてくれます。

ショートカーディガンの中にはキャミソールやタンクトップなどを着て、大きく開いたVネック部分からチラ見せするのも良いかもしれません。

これだけだとシンプルすぎるため、ネックレスやイヤリング、ピアスなどのアクセサリーをつけて顔周りを華やかに。

 

 

合わせて読みたい

  日々何気なく身に着けている時計やイヤリングなどのファッションアクセサリー。着る服のテイストに合わせて選んでいますか? 服とアクセサリーのテイストがバラバラだと[…]

 

 

■ピンクのシャツとデニムスキニーパンツでほんのり甘く仕上げる

出典:https://rakuten.co.jp

 

コーデポイント


とろみのあるピンクのシャツと、デニムスキニーパンツを合わせてほんのり甘いカジュアルガーリーコーデに。

シャツのVネックからちらりと覗くレースのインナーがちょっぴりキュートさを演出。

Vカットの開襟できちんと感も出すことができるため、カジュアルすぎない・甘すぎないコーディネートになるのもポイントです。

シャツの裾は前だけインしてだらしない印象になるのを避けましょう。

 

 

合わせて読みたい

  大好きな人とのデート服でお悩みなら、カジュアルガーリーコーデがオススメ。甘く女の子らしい雰囲気を演出しつつも、ラフで力の抜けたスタイルを叶えることができちゃいます。 […]

 

 

◇◆【カラースキニーパンツを使ったおすすめコーデ集】

 

カラースキニーパンツは、シンプルながらも履くだけでコーディネートに華やかさをプラスしてくれるアイテムです。

同じ商品でもカラー展開が豊富ということもあるため、ご自身の好きなカラーを選んで気分を上げていきましょう。

 

 

■プリントTシャツとサックスブルーのスキニーパンツで爽やかコーデ

出典:https://rakuten.co.jp

 

コーデポイント


白のプリントTシャツとフレッシュな色合いのサックスブルーのスキニーパンツを組み合わせた、ベーシックながらも爽やかなコーディネート。

清涼感のあるブルーと、さっぱりとしたホワイトカラーのコントラストがより爽やかさをアップ。

そんなにボリュームがないTシャツなどのトップスも、ややゆったりめのスキニーパンツを選ぶことで体型カバーを考慮し、すっきりとしたコーディネートに。

プリントTシャツは、プリント部分が小さめのアイテムを選ぶとカジュアルすぎずキレイめなコーデになります。

足元はコンバースやスニーカーでまとめるのも良いですが、あえてパンプスなどのアイテムでまとめることですっきりと軽いフェミニンライクなコーデに仕上がります。

 

 

合わせて読みたい

  “きれいめカジュアル”最近よく耳にしませんか?『オシャレな人のイメージ…。』『カジュアルな洋服しか持っていない…。』『ハードル高そう…。』そんな“きれいめカジュ[…]

 

 

■ケーブルニットとマスタードカラーのスキニーパンツを使ったコーデ

出典:https://www.amazon.co.jp

 

コーデポイント


ほどよいボリューム袖のオフホワイトのケーブルニットと、深みのあるマスタードイエローのカラースキニーパンツを使ったコーデは、肌寒い秋の季節の訪れを告げているかのようでもあり、厳冬の季節も終わりに近づき、春の訪れを告げているかのようでもあります。

ケーブルニットのほどよいボリューム袖とスキニーパンツがYラインシルエットを作り出し、ニットの縦縞模様が身体をスリムに魅せてくれます。

さらに、ケーブルニットのVネックがデコルテ部分をすっきりと仕上げてくれ、ニット特有の重量感を軽減してくれます。

足元は明るめベージュのパンプスで、レディライクにまとめて。

 

 

合わせて読みたい

  冬の定番ニットセーター。シンプルだからこそ、アイテムの数もたくさんあります。だからこそどれを選べばいいか悩んでしまうことも…。そこで今回は、持っておけば大活躍するニット[…]

 

 

SNSでも話題に!大人のための
レディースアパレル通販-Pierrot-

 

◇◆スキニーパンツに合わせたい!【トップス&アウター】

 

タイトで下半身にフィットするような形状のスキニーパンツを履くとき、トップスやアウターの組み合わせ次第で気になる体型もカバーすることが可能です。

スキニーパンツに合わせたい、トップスやアウターの種類をそれぞれご紹介していきます。

 

 

★スキニーに合わせたいトップスとは?

 

スキニーパンツにおすすめのトップスは、シャツワンピースやチュニック、ニットなどのアイテムです。

シャツワンピースやチュニックであれば丈が長めでIラインシルエットを作り出すことができ、気になる下半身の体型をカバーすることができます。

 

 

ニットは、特にボリュームがあるビッグシルエットを意識したアイテムであればYラインシルエットを作り出し、タイトなスキニーパンツを履いた下半身ではなくボリュームのあるトップスに視線が誘導されるため、気になる下半身も目立ちにくくなります。

ただし、あまりにもボリューミーなニットはバランスが悪くなってしまうおそれがあるため、ほどよいボリュームのものを選ぶようにしてください。

 

 

 

★スキニーに合わせたいアウターとは?

 

スキニーパンツにおすすめのアウターは、Iラインシルエットを作り出してくれるロングカーディガンやロングコートなどのアイテムです。

ロングカーディガンやロングコートなどのアイテムであれば、トップスで隠せない膝から下の部分の体型もカバーできます。

 

 

 

 

読者モデル、有名ブロガー愛用☆噂のプチプラ通販サイト『神戸レタス』!最新トレンドファッションが540円~!!

 

◇◆着回し力抜群!スキニーパンツコーデ【まとめ】

 

いかがでしたでしょうか。

今回は下半身の体型が気になる方でも楽しめる、スキニーパンツコーデや上手な着こなし方についてご紹介しました。

スキニーパンツを着こなすときは、ゆったりめのトップスを着てYラインシルエットを作り出したり、反対に、タイトめなトップスを合わせてIラインシルエットを作り出すことでお洒落なコーディネートに仕上がります。

 

 

また、シャツワンピースやチュニック、ロングコートやロングカーディガンなど長め丈のトップスやアウターを着用することで、気になる脚のラインやヒップ、ウエストをカバーしつつスキニーパンツコーデを楽しむことが可能です。

体型が気になる方でも着こなし方次第で自由なスキニーパンツコーデに挑戦できますので、今まで諦めていた方も是非チャレンジしてみてくださいね。

 

合わせて読みたい

  今期絶対抑えておきたいボトム・・・それは、センタープレスの入ったテーパードパンツです。腰周りにはほどよくゆとりを持たせ、裾にかけてすぼまっているシルエットのテーパードパンツは、スタイル[…]

 

みーや
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

3,000以下プチプラアイテム

スポンサーリンク
>「ファッションはすたれるが、スタイルは永遠だ」 ―イヴ・サンローラン

「ファッションはすたれるが、スタイルは永遠だ」 ―イヴ・サンローラン

【ファッションスタイル】【オシャレアイテム】【アパレル業界】【ファッション雑学・豆知識】センスを思考で磨きましょう。

CTR IMG
error: Content is protected !!