【レディース】コンプレックス肩に似合うトップスの選び方!なで肩やがっちり肩の悩みにおさらばしよう!

スポンサーリンク
この投稿をInstagramで見る

aya.m(@aya.m__22)がシェアした投稿

 

ブラウスやTシャツ、1枚で軽やかに過ごせる季節到来。

そんな時期に「あれ、このトップス似合わないかも…?」「なんか着太りして見える」なんて思った経験、ありませんか?

とくになで肩、いかり肩、がっちり肩…肩まわりは薄着だとラインが出やすいので、トップス選びに悩む人も多いはず。

 

今回はそんな悩みを解決する選び方を分かりやすく解説していきます。

 

 

\夢展望・GALSTAR・神戸レタスもまとめてGetなら!【SHOPLIST.com】/

 

スポンサーリンク

◇◆自分の「肩」に似合うトップスを選ぶには?

ニットを着ている女性

 

まず大事なのは、体の形をしっかり把握することです。

自分の「骨格」に似合うトップスを選べば、そのモヤモヤを解決できるかもしれません!

 

体のラインは人それぞれ、持って生まれた「骨格」が影響します。

自分の骨格を知り、それに似合うトップスを着ることで気になるところをうまくカバーできるんです。

それだけじゃなく、骨格の魅力を活かしてより素敵に見せてくれることも!

 

\ファッションレンタルサービス/

 

スポンサーリンク

◆似合うトップスへの近道は、自分の骨格タイプを知ること!

 

最近話題になっている骨格診断では、

・ウェーブ

・ナチュラル

・ストレート

の3種類に分類できるといわれています。

 

プロのアドバイザーに診断してもらうとより正確ですが、ここでは簡単に自分の「肩まわり」の特徴からセルフチェックしてみましょう。

自分に一番近い骨格タイプ別がわかると、似合うトップスやコーデも考えやすくなります!

 

この投稿をInstagramで見る

ビューティナビゲーター|渡邊 かおる(@k.compass7)がシェアした投稿

 

スポンサーリンク

◆ウェーブタイプに似合うトップスは?

 

☑どちらかというとなで肩

☑肩から二の腕にかけて丸みがある

☑首は長め、鎖骨は目立たない

☑上半身より下半身が重たく見えがち

 

スポンサーリンク

①丸首のコンパクトなトップスならバランス◎

ウェーブタイプのシャツ

出典:https://item.rakuten.co.jp

 

ポイント


肩に丸みが出やすく小柄に見えがちなウェーブタイプ。

ベーシックなクルーネックは襟あきも広すぎないので、なで肩さんや狭い肩幅にもぴったり。

さらに体にほどよく沿うサイズ感や着丈の短いものなら、全身のバランスがとりやすくなります!

 

 

丸首トップスを活かすなら、こんなコーディネートで

丸首トップス丸首トップス

出典:https://item.rakuten.co.jp

 

ポイント


上半身がコンパクトにまとまるので、フレアスカートやガウチョパンツなど、ふんわりボリュームのあるボトムと合わせるのがオススメ。

ボトムは裾に向かって広がったAラインを意識すると、すらりとした脚長スタイルに!

 

 

 

スポンサーリンク

②ふんわり素材のブラウスで女性らしさを

ふんわり素材のブラウス

出典:https://item.rakuten.co.jp

 

ポイント


ウェーブタイプのトップスにはシフォン、オーガンジーなどポリエステルを含んだ柔らかく軽やかな素材がオススメ。

丸みのある骨格のウェーブタイプだからこそ、やわらかいブラウスが女性らしさをいっそう引き出してくれるんです。

 

 

ふんわりブラウスを活かすなら、こんなコーディネートで

ふんわりブラウス

出典:https://item.rakuten.co.jp

 

ポイント


トップスのふんわり感を惹きたてるなら、少しシャープなシルエットのパンツで。

上半身のふんわり×下半身はすっきりとメリハリをつけることで大人っぽく見え、着ぶくれも防ぐことができるんです♪

 

 

③ギャザーやフレアで動きや立体感をプラス

ギャザー素材のシャツ

出典:https://item.rakuten.co.jp

 

ポイント


ギャザーやフレアなどで波打つような動きや立体感を出すようなデザインも、ウェーブタイプに似合います。

二の腕や胸もとをカバーしつつ、上半身を華やかに見せてくれますよ。

 

 

動きのあるトップスを活かすなら、こんなコーディネートで

動きのあるトップス

出典:https://item.rakuten.co.jp

 

ポイント


ひらひらとした動きや目を引くデザインのトップスなので、ボトムはなるべくシンプルに。

スカートでもフレアのボリュームはひかえめなど、あくまで「トップスが主役」のコーディネートがオシャレに見える秘訣です。

 

 

④ウエストマークでつくる「くびれ」でスタイルアップ

ウエストマーク

出典:https://item.rakuten.co.jp

 

ポイント


ウエストベルトやウエスト切り替えなどきゅっとくびれて見えるトップスもウェーブタイプ向け。

ゆったりめのトップスでもウエスト部分だけ絞ることで、腰の位置が高く見えるし着やせ効果にもつながります!

 

 

ウエストマークトップスを活かすなら、こんなコーディネートで

ウエストマークウエストマーク

出典:https://item.rakuten.co.jp

 

ポイント


トップスがすでにウエスト位置を高く見せてくれるので、すっきりめからワイドパンツまで、比較的いろんなボトムと相性がいいんです。

裾がお腹やお尻まわりをカバーしてくれるのもうれしいですね!

 

 

 

◆ストレートタイプに似合うトップスは?

 

☑肩や二の腕ががっちりして見える

☑どちらかというと筋肉質

☑首は短め、鎖骨はあまり目立たない

☑下半身より上半身が重たく見えがち

 

 

①Vネックで首を長くすっきりと

Vネック

出典:https://item.rakuten.co.jp

 

ポイント


他のタイプに比べて首が短めのストレートタイプに似合う襟は、Vネック。

胸もとを縦に開けることで首も長く見えるし、シャープな襟あきは上半身をすっきりした印象に見せてくれますよ。

 

 

Vネックトップスを活かすなら、こんなコーディネートで

VネックVネック

出典:https://item.rakuten.co.jp

 

ポイント


ストレートタイプは全体的にシャープなラインを作ると、すっきり着やせして見えます。

足もとまでまっすぐなラインを作ってくれるストレートラインのデニムやすとんとしたIラインスカートで、足もとまで縦長シルエットを意識しましょう!

 

 

 

②横あきのネックラインで肩を華奢見せ

横あきのネックライン

出典:https://item.rakuten.co.jp

 

ポイント


Vネックは胸もとの露出が気になって、ちょっと苦手…というストレートタイプには、横に広めに開いたボートネックやボトルネックもオススメです。

襟が横に広がることで肩幅が狭く感じるので、肩まわりが華奢に見えるんです。

 

 

横あきネックのトップスを活かすなら、こんなコーディネートで

横あきのネックライン

出典:https://item.rakuten.co.jp

 

ポイント


襟もとが横長に開いている分、ボトムで縦ラインを強調することが大事なポイント。

切り替えやプリーツ・タックなど、デザインが入っているロング丈のボトムでしっかり視線を縦に流しましょう。

 

 

 

③かっちりシャツで肩のハリをいかした“イイ女”風に

かっちりシャツ

出典:https://item.rakuten.co.jp

 

ポイント


ストレートタイプが着映えするのが、ンサムなシンプルシャツ!特にパリッとした生地のシャツが似合います。

肩がしっかりある体格だからこそ、メンズライクなかっちりしたフォルムでもシルエット負けせず、上手に着こなすことができるんです。

 

合わせて読みたい

  ファッションにおけるベーシックとは?ベーシックファッションとはTシャツや襟が付いているシャツ、ジャケットやジーンズなど着回しアイテムとしてベースになるファッションのことを言います。また[…]

 

 

かっちりシャツを活かすなら、こんなコーディネートで

かっちりシャツ

出典:https://item.rakuten.co.jp

 

ポイント


ベーシックなデニムやしっかりした素材のパンツなど、シャツの雰囲気同様メンズライクなボトムでハンサムなイイ女風に。

ポイントは、襟もとを開けたり袖をたくし上げたり、ラフに着崩すこと!

上半身の中でも細い部分である首・手もとを見せることで女性らしさがアップします。

 

 

合わせて読みたい

  最近流行のメンズライクコーデはご存知ですか?メンズライクコーデとはその名の通り、女性が男性を連想させるような格好をするコーディネートのことです。 Instag[…]

 

 

④Ⅰラインのロングカーデで縦ラインを強調

ロンカーディガン

出典:https://item.rakuten.co.jp

 

ポイント


ストレートタイプで意識したいことは、「縦のライン」を意識すること。

すとんと落ち感のあるカーディガンやジャケットを羽織ることでまっすぐなIラインつくれば、がっちり肩のカバーやすっきり着やせ効果が狙えます!

 

 

ラインカーデを活かすなら、こんなコーディネートで

ロングカーディガンロングカーディガン

出典:https://item.rakuten.co.jp

 

ポイント


ロング丈×ロング丈はストレートタイプが得意なバランス。

カーデが縦ラインを強調してくれるので、すっきりと着こなせます。

インナーの裾をインしたり、ベルトでウエストをマークすれば脚長に見えて、バランスも取りやすくなります!

 

 

 

◆ナチュラルタイプに似合うトップスは?

 

☑どちらかというといかり肩、肩まわりが骨ばっている

☑首は長め、鎖骨や筋がしっかり見える

☑身長に比べると手足は長め

☑全身のなかで重心の偏りがない

 

 

①ゆったりオーバーサイズでリラックス感たっぷりに

ゆったりオーバーサイズシャツ

出典:https://item.rakuten.co.jp

 

ポイント


いかり肩をカバーしたいナチュラルタイプには、とにかく「ゆるっとリラックス感」のあるシルエットが最適!

特に肩の切り替えが落ちた「ドロップショルダー」なら、骨格の強さをカバーして上半身をやわらかい印象に見せてくれます。

 

 

ゆったりトップスを活かすなら、こんなコーディネートで

ゆったりオーバーサイズシャツゆったりオーバーサイズシャツ

出典:https://item.rakuten.co.jp

 

ポイント


ナチュラルタイプは下半身も骨や関節が目立ちやすいので、全身ゆったりルーズにまとめてカバーしながら個性や女性らしさを出しましょう。

さらにラフでカジュアルな雰囲気が似合うので、ワイドパンツなどで足もとまでゆとりを持たせることを心がけてみて。

 

 

 

②ハリのあるナチュラル素材で“骨感”をカムフラージュ

ハリのあるナチュラル素材

出典:https://item.rakuten.co.jp

 

ポイント


素材はコシのないものより、コットンやリネンなどハリ感がある天然素材の織り物で。

肌にまとわりつかない素材を選ぶことで、骨ばって見える部分を自然にカバー。

ラフでチカラの抜けた雰囲気も、ナチュラルタイプにはぴったりなんです。

 

 

ナチュラル素材を活かすなら、こんなコーディネートで

ハリのあるナチュラル素材ハリのあるナチュラル素材

出典:https://item.rakuten.co.jp

 

ポイント


トップスのハリ感に負けないよう、ボトムも同じようにハリのある素材で、体にまとわりつかないものを選んで。

シルエット同様、素材でもふんわりカバーすることで自然と女性らしさを感じるスタイリングが叶います。

 

 

 

③襟もとは「ほどよい抜け感」がポイント

ほどよい抜け感

出典:https://item.rakuten.co.jp

 

ポイント


リラックス感だけでなく女性らしさもプラスしたいなら、襟もとは少しだけ抜け感を意識すると良いでしょう。

たとえば深すぎないVネック、スキッパーシャツなどが◎。

骨っぽさは隠したいので露出はひかえめにしつつ、少し肌を見せることでこなれ感と女性らしさがアップします!

 

 

抜け感トップスを活かすなら、こんなコーディネートで

ほどよい抜け感ほどよい抜け感

出典:https://item.rakuten.co.jp

 

ポイント


顔まわりでほどよく肌見せしているので、足もとにも抜け感をプラスして軽さを出すといいでしょう。

素足の見えるクロップド丈やサンダル、裾がひらっと揺れるAラインスカートなどなら見た目にも爽やかさがアップしますね!

 

 

合わせて読みたい

  夏のオシャレな足元といえば『サンダル』ですよね。しかし今ではサンダルは夏だけのアイテムではなくなってきました。 コーディネート次第でオールシーズン使える優秀な[…]

 

 

◆「もっと似合う服が知りたい!」と思ったら

考える女性

 

トップスだけじゃなく、他にも自分に合った服が知りたくなったら…。

わかりやすく解説された本もたくさん出版されているので、知識を深めてみるのもアリ。

骨格タイプやパーソナルカラーに合ったアイテムや着こなし術を知れば、もっとオシャレに自信が持てるようになれますね。

 

特におすすめはこちらの2冊‼

ポイント


 基本的なファッション用語から、難易度の高いコーディネートやカラーの使い方まで解説されているので初心者から、オシャレ上級者の方まで参考になります。

 

 

◇◆似合うトップスが見つかれば、薄着の夏も「どんと来い!」

 

いかがでしたでしょうか。

なで肩・いかり肩・がっちり肩…。悩まされることもあるけれど、私たち1人1人の個性の一部。

 

「骨格タイプ」を知れば、その骨格を一番魅力的に見せてくれるトップスを見つけることができるんです。

運命のトップスに出会えれば、薄着の夏だってもう怖いものなし。

自分の体型だって今より好きになれるかもしれません!

 

合わせて読みたい

 この投稿をInstagramで見るm e r o *(@mero_orem_18)がシェアした投稿 - 2020[…]

 

みーや
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
スポンサーリンク
>「ファッションはすたれるが、スタイルは永遠だ」 ―イヴ・サンローラン

「ファッションはすたれるが、スタイルは永遠だ」 ―イヴ・サンローラン

【ファッションスタイル】【オシャレアイテム】【アパレル業界】【ファッション雑学・豆知識】センスを思考で磨きましょう。

CTR IMG
error: Content is protected !!