【メンズ】アメリカントラディショナルって?クラシック感漂うアメトラコーデや魅力をご紹介!

スポンサーリンク

 

アメリカントラディショナル

 

近年のファッションシーンでは、それまであったストリートの強烈な勢いが落ち着き始め、クラシック回帰の流れが来ています。

数あるクラシックファッションの中で、今回はアメトラに焦点を当てて解説していきたいと思います。

 

アメトラの歴史やアメトラを挑戦するにあたって注意するべきポイントや、おすすめアイテムブランド、コーディネート方法などをご紹介していきます。

 

アメリカのファッションに興味がある方やクラシックファッションをやってみたい方はもちろん、普段スーツを着て仕事をしている方の中で、いつもとは違うテイストを取り入れて仕事着をあくまでもファッションとして楽しみたい方には是非参考にしてみてください!

 

合わせて読みたい

  トラッドファッションって?トラッドとは、英語でトラディショナルを略したものだと言われており、日本語で伝統的で流行に左右されないスタイルという意味が込められています。 […]

 

 

無難なモテ服をマネキン買い『メンズファッションプラス』

 

スポンサーリンク

◇◆そもそもアメトラとは?

アメリカントラディショナルファッション

  

アメトラとはいったい何か?

そもそもアメトラとはアメリカン・トラディショナルの略称であり、言葉の意味の通りアメリカ本土での伝統的なファッションのことを指しています。

 

人によっては、もしかしたら‘‘アイビー・ルック‘‘やプレッピー・スタイルという言葉の方が聞き馴染みがあるかもしれません。

それらのアイビーやプレッピ―もアメトラという大枠には当てはまります。

 

ただ、アメトラというものは主にアメリカ東部で発祥し、発展していったスタイルであり、アメリカ西部ではまた違うファッションが主流であるのでアメトラ=アメリカ全域のファッションではないということは認識しておいて下さい。

 

 

スポンサーリンク

■日本との意外な関係

日米国旗

タイトルに挙げているように日本とアメトラは意外と関係性が深いものなのです。

 

と言うのも、戦後の発展途中の段階である日本のファッションの基盤を支えていたスタイルこそがアメトラやアイビー・ルックであるのです。

 

1960年代に銀座にたむろしていた若者【通称みゆき族】や、彼が好んでいた「VAN」などは全てアメトラの系譜を受け継いでおり、かなりの影響力を当時持っていました。

その証拠に1964年の東京オリンピックでの開会式で、日本の選手団が着用していた服装はアイビー・ルックを模したものでした。

 

みゆき族(みゆきぞく)とは、既成の秩序にとらわれず、自由な考え方や行動を示す青年達の類型のひとつである。1964年(昭和39年)頃に東京・銀座のみゆき通り近辺にたむろしていたことからのそのように命名された。独自のファッション文化やストリートカルチャーを日本に流行させた。

引用元:wikipedia

 

株式会社ヴァンヂャケットVAN Jacket inc.)は、かつて1960年代から1970年代にかけて一世を風靡した、日本のアパレル企業。1950年代よりアメリカンカルチャーを取り入れ日本にアメリカントラディショナルスタイルを浸透させた。60年代には「アイビールック」や「みゆき族」など流行を作り、T.P.O. (Time Place Occasion)という言葉で、着こなしや時々のルール等、スタイル全般をイノベーションしメンズファッションとライフスタイルの文化を築いた。

引用元:wikipedia

 

 

スポンサーリンク

■アメトラの対照的な存在

ブリティッシュ・トラディショナル

 

よく、アメトラと対照的に使われる言葉としてブリトラという言葉が選ばれます。

ブリトラとはその名の通りブリティッシュ・トラディショナルの略称で英国式の伝統的なファッションの事です。

 

単に国が違うからという理由のみで対照されているわけではありません。

そこで次にアメトラとブリトラの主な相違点について解説します。

 

 

スポンサーリンク

◇◆気を付けておきたいアメトラとブリトラの違い

スーツを着た男性

 

■ジャケットにある違い

ジャケット

 

目に見えて分かる違いと言えばジャケットのディテールにあります。

まずは英国式のジャケットから

 

英国式のジャケットの特徴の一つと言えばウェストのシェイプの強さです。

スーツの母国であるイギリスのジャケットはテーラーと新古典主義時代の筋骨隆々としている男性が最も良いという考えを由来としていることから、男性の身体が最も美しく見えるようなシルエットをしています。

広い、肩幅、分厚い胸、締まった身体をジャケットで表しています。

 

ちなみにこれらの特徴を見て何となく想像できると思うのですが、現在日本で販売されているスーツの多くはイギリスのスーツを基にしています。

(これには、イギリスと日本の気候が似ているという理由が関係しているという話もあります)。

 

一方、アメリカのジャケットにはそれらの特徴がありません。

もちろん先ほど述べた新古典主義の影響を一切受けていないですし、工業用ミシンを開発した産業国であることから、テーラーのような正確無比の技術というよりは効率を重視していた背景が関わっています。

 

合わせて読みたい

 この投稿をInstagramで見るSAINT LAURENT(@ysl)がシェアした投稿 テーラードジャケットは、メンズファッションにおいて重要なアイテム[…]

 

 

■ラペルの縫い目にある違い

スーツ

 

加えて、ジャケットのラペル(襟)に施されているステッチも、イギリス式では手縫いをしているように見せるため縫い目に感覚が空いていますが、アメリカ式のものは縫い目が連続で繋がっています。

これにも効率を重視した産業社会の背景が隠されています。

 

このため、アメトラを模したジャケットはボックス型でややカジュアルな印象を受けるものが多いです。

シュッとしているイギリスボックス型のアメリカという明確な違いがあります。

 

 

■ネクタイの違い
ネクタイ

 

実はネクタイにも違いがあります。

何が違うかと言うと、ストライプのネクタイの向きです。

 

ネクタイ

 

イギリスを由来としているものはレジメンタル・タイと呼称されており、ストライプの線が向かって右上がりになっています。

ジャケットと同様によく目にするストライプのネクタイはこちらです。

 

一方、アメリカを由来としているものはプレップ・タイと呼称されており、ストライプの線が向かって右下がりになっています。

このように細かいところまで気を配るとより本格的なアメトラになります。

 

 

■背景にあるものとは?

ミシン

 

先ほども少し触れましたが、イギリスでは新古典主義の考えとテーラーを由来としているということから、男性の理想的な身体を表現しつつテーラーの技術を表している丁寧さ一方のアメリカは、芸術様式の影響を受けていないことに加え、工業が盛んであったゆえの効率を重視したことが特徴に表れています。

 

芸術様式やその国ごとの社会背景で大きく変わったことが分かります。

 

合わせて読みたい

  古き良きロンドンの街並みをトレンチコートに身を包んで歩く紳士。カジュアルだけど上品な色使いとシルエットを崩さない着こなしをする若者。 イギリスはそういったイメ[…]

 

 

アメリカ メンズファッション専門 east dane

 

スポンサーリンク

◇◆揃えておきたい【おすすめアメトラコーデアイテム】

メンズスーツ

 

アメトラコーデを挑戦する際に、ひとまず揃えておきたいアイテムをいくつか紹介しておきます。

 

 

①紺のブレザーまたはグレーのジャケット

紺のブレザー

出典:https://rakuten.co.jp

 

アイテムポイント


まず、紺ブレザーなしにアメトラを語ることはできないと考えています。汎用性が物凄く高いアイテムの1つです。

デニムやミリタリーパンツに合わせてカジュアルに着ることもでき、ビジネスシーンにおいてはグレーのスラックスと合わせても良いです。

大袈裟に言ってしまえば他のどんなアイテムとも相性が良いです。

ボタンが金や銀のメタルのものを選ぶと、それ自体が良いアクセントになるのでオススメです。

 

グレーのジャケット

出典:https://rakuten.co.jp

 

または、グレーのジャケットでも大丈夫です。ーはアメトラの代表的な色になります。

紺ブレ同様にデニム、ミリタリーパンツやネイビーのスラックス、ジャケットのトーンと違うトーンのグレーのスラックスと合わせて色ではなくトーンによって差をつけるといった着こなしも可能です。

また、スーツを着たい方はジャケットと同様にネイビーやグレーのスーツを着ることをお勧めします。

 

 

 

 

②ボタンダウン・シャツ

ボタンダウン・シャツ

出典:https://rakuten.co.jp

 

アイテムポイント


何と言ってもアメリカはボタンダウン・シャツ発祥の地ですので欠かせません。

ポロという競技をきかっけに思いついたことからポロ・カラーとも言われています。

 

近年では、クールビズの影響でスーツ屋さんでも販売している半数近くのシャツがボタンダウンであるので、既にお持ちの方も多いと思います。

白無地、サックスのキャンディストライプ、黒と白のタッターソールチェック等の色柄ですとよりアメトラを感じます。

 

 

合わせて読みたい

  誰もが一度は袖を通した経験があるはずのポピュラーなファッションアイテム、「シャツ」。ですが、ひと口にシャツと言ってもその形や生地は様々で季節によっても変わってきます。 […]

 

 

③チノパン

チノパン

出典:https://rakuten.co.jp

 

アイテムポイント


先ほどの紺ブレとチノパンを合わせたコーディネート=アメトラの王道とも言えます。

その昔、アメトラを引っ張っていた丈夫で長持ち、手入れも簡単でおまけに比較的安価で手に入ることから好まれており、そのままアメトラの代表的なアイテムになりました。

当時の学生たちが洗濯をし続けることでパンツの丈が短くなっても履き続けていたことから、本格的にアメトラを取り入れようと思うのであれば、足首が見えるあたりからくるぶし付近の丈で履くのが定石です。

 

 

合わせて読みたい

 この投稿をInstagramで見るMasa.Shun(@take._.ivy)がシェアした投稿 「チノパン」の愛称で有名なチノパンツですが、みなさんも一度[…]

 

 

④プレップ・タイ

プレップ・タイ

出典:https://rakuten.co.jp

 

アイテムポイント


先ほど話に出したプレップ・タイです。やはりアメトラを装う際には1本は持っておきたいアイテムです。

ネイビー×赤、ネイビー×白の組み合わせのプレップ・タイが定番です。

スーツの量販店ではあまり見かけないので正直オンラインで探した方が楽ですね。

*販売しているお店の例…ブルックス・ブラザーズ、Maker‘s・Shirt鎌倉、SUIT SELECT

 

 

 

⑤ペニー・ローファー

ペニー・ローファー

出典:https://rakuten.co.jp

 

アイテムポイント


別名はコイン・ローファーです。

ローファーのアッパー部分をまたぐ革に切り込みが入っていることが特徴の一つです。

1960年代ごろにアメリカの学生の間で大流行して、アメトラには欠かせないアイテムの一つになりました。

ペニー・ローファーという名前の由来は切り込み部分に硬貨を一枚だけ挟み込んでいたことから来ています。

 

◇◆おすすめアメトラコーディネート集

アメトラコーディネート

 

ここでは、ドレスやカジュアルを問わずにおすすめの着こなし例をご紹介いたします。

ひとえにアメトラと言っても様々な着こなしがあるので、少しでもイメージが具体的になってもらえたら幸いです。

 

 

構成:グレースーツ、シャツ、プレップ・タイ
アメトラコーディネート

 

コーデポイント


まず、1例目はオーソドックスなスーツスタイルです。

アメトラの基本となるグレー、ボタンダウン・シャツ、プレップ・タイの合わせです。
シャツの色はサックスでも良いですし、ネクタイも赤を基調としたものやネイビーを基調としたものでも良いです。
非常に汎用性が高いコーディネートですね。

 

 

構成:紺ブレ、シャツ、ネクタイ、チノパン
アメトラコーディネート

 

コーデポイント


こちらも王道のアメトラルックです。

今回はピンクのシャツを使用し華やかさを持たせました。
ピンクのシャツとチノパンの相性は抜群に良いので是非とも試してみて欲しいです。
また、いきなりピンクは難しいという方は、淡いピンクから試してみることをお勧めします。
インナーをTシャツに変えたらデイリーユースにも行けますよ。

 

 

構成:ジャケット、シャツ、ネクタイ、チノパン
アメトラコーディネート

 

コーデポイント


実はこちらのコーディネートは1例目のスーツのスラックスをチノパンに変えただけです。

常識的にはあまり良くない合わせですが、アメトラは自由の文化圏のファッションであるので多少の遊びは大丈夫です。
ただ、1つ注意してほしいことは、このような合わせの時は起毛しているものやフランネルのジャケットを使用してください。

 

 

構成:ジャケット、ニット、デニム
アメトラコーディネート

 

コーデポイント


ガンクラブチェックのジャケットに、デニムを合わせたカジュアルなコーディネートです。

ガンクラブチェックは数ある柄の中でもトラッドな雰囲気を段違いに持っているので、取り入れるだけでトラッドな装いになります。
そこにデニムを持ってくることで、カジュアルとトラッドの塩梅が素晴らしいです。
チーフとスニーカーの色合わせをしています。
見えない部分にこそ最新の気配りが必要ですので、ソックスの白で全体を軽く仕上げています。

 

 

構成:スーツ、シャツ、ネクタイ、ポロシャツ
アメトラコーディネート

 

コーデポイント


タイドアップしたスーツのインナーにポロシャツを用いている、アメトラの応用的なカジュアル・スーチングです。

このように、普段のビジネススタイルに一つ工夫を入れるだけで一気にカジュアルになる着こなしの好例です。
スーツを持て余している方はプルオーバーのパーカーやラガーシャツ、ポロシャツ等を用いて是非とも挑戦してもらいたいです。

 

 

構成:ジャケット、スラックス、Tシャツ
アメトラコーディネート

 

コーデポイント


こちらが色のトーンに差をつけたコーディネートで、グレー×ネイビーの合わせでは物足りなくなった方にお勧めです。

アメトラ的解釈によって作ったコーディネートで、ややカジュアルに仕上げました。

ビジネスシーンにおいては、シャツとネクタイを結ぶことによってドレス度が上がりそのような場面でも十分通用します。

ビジネス、カジュアルどちらにも使えるコーディネートです。

 

 

構成:スタジャン、ベスト、シャツ、タイ、チノパン
アメトラコーディネート

 

コーデポイント


スタジャンにタイドアップしたシャツ、そしてベストを用いた応用的な解釈をしたアメトラです。

スタジャンとチノパンというアメリカを感じるアイテムにベストを用いたことで、ドレス度を上げたシャツタイをインナーに持ってきており、ファッションとして楽しむクラシックスタイルに仕上げました。
ネクタイとスタジャンの文字の色を合わせたことにより全体がまとまります。
どこかの色を拾うということを意識づけたコーディネートです。

 

 

構成:カーディガン、シャツ、ニット・タイ、チノパン

アメトラコーディネート

 

コーデポイント


カジュアルとトラッドのバランスを取ったコーディネートです。

シャツをタック・インしてしまうとトラッドに寄りすぎてしまうのでタック・アウトさせました。

足元には明るいスニーカーを採用し、全体でグラデーションがでるようにしました。

ここではチノパンを合わせていますがデニムでも似たような雰囲気が出ます。

 

 

構成:シャツ、ベスト、ネクタイ、スラックス
アメトラコーディネート

 

コーデポイント


夏向けのコーディネートです。足元にはローファーを採用しトラッドに仕上げました。

ネクタイは堅苦しくなり過ぎないように、ニット・タイを使用し、ベストとソックスで色を合わせています。
ネクタイだと暑苦しいという方はネッカチーフなどを首に巻いても大丈夫です。
チェックのカジュアル感がいい具合にユニフォーム感を無くしてくれています。

 

 

構成:ジャケット、シャツ、プレップ・タイ、チノパン
アメトラコーディネート

 

コーデポイント


シャツ、タイ、チノパンまでは今までと同じですが、テーラードではなくカバーオールをトップスに使ったトラッドスタイルです。

カバーオール自体がワーク系由来のものであるのでタイドアップをし、トラッドになるように仕向けましたが、カジュアルの方が好みという方はTシャツやスウェットをインナーに採用してください。

 

 

ユナイテッドアローズ公式通販【グリ─ンレーベル リラクシング】

 

◇◆アメトラの代表的なブランド

アメトラコーディネート

 

 

ブランド①:トム・ブラウン

トム・ブラウン

   

   ブランドポイント


2001年にデビューしたブランドです。

ブランド名にもなっているデザイナーのトム・ブラウン自身が、自分が着たいと感じる彼が理想としているスーツを手掛けています。

トム・ブラウンの一番の特徴と言えば、コレクションで発表するほぼ全てのコレクションピースが独特のプロポーションをしていることにあります。

5分袖のジャケットや、着丈がパンツの裾まであるスーツや、前から見たらスーツだが後ろから見たらウェディングドレスの服などです。

 

ただ、面白いのがそのような奇妙な服を作りながらも、そのベースとなっているのはグレーを中心に据えたアメトラということです。

常に遊び心のあるファッションを提供してくれるトム・ブラウンからは良い刺激をもらえると思います。

 

 

 

ブランド②:ブルックス・ブラザーズ

ブルックス・ブラザーズ

 

ブランドポイント


言わずとしれた、アメトラの王様的存在です。

ボタンダウン・シャツを開発したのはここであり、ボタンダウン・シャツはブルックス・ブラザーズのシグネチャーアイテムとなっています。

 

特徴はまさに王道といったところにあります。

シャツやネクタイのバリエーションの多さは随一であり、カジュアルアイテムも揃っています。

「アメトラとはまさにブルックス・ブラザーズのこと」と言っても過言ではなく、ここに行けば、盛大にアメトラの空気を感じることが出来ます。

ドレス、カジュアル共にバランスよく取り揃えていますが、どちらかと言うとドレスの方が強い印象があります。

 

 

 

ブランド③:J.PRESS&SON’S

J.PRESS&SON’S

 

  ブランドポイント


2019年に青山にオープンしたばかりのお店です。

J.プレスオリジナルズ初のコンセプトストアとして開かれ、「時代の感性を織り交ぜたトラディショナルスタイル」をコンセプトしています。

そのコンセプト通り、今と昔が同胞しているかのようなファッションを提供してくれています。

アメトラ本来の雰囲気を感じさせつつ同時にトレンドを織り込んでいるスタイルは唯一無二です。

ドレス、カジュアルどちらの要素もバランスよく揃っており、単純にファッションを提案する力は抜きん出ていると感じます。

 

 

 

ブランド④:ユニクロ

ユニクロ 

ブランドポイント


意外と思われるかもしれないですが、ユニクロも実はアメトラを感じることが出来ます。

ユニクロの会長である柳井さんは、先ほど述べたVANと関わりがあるため、ユニクロにはVANの血が流れておりしっかりとアメトラの系譜を継いでいます。

周知の通り、ユニクロは全てのアイテムがお手頃な価格設定になっているので、アメトラの入り口としては最適であると感じます。

 

 

 

◇◆アメリカントラディショナルファッション【まとめ】

アメリカントラディショナルファッション

 

いかがでしたでしょうか。

アメトラの歴史から始まり注意点、おすすめの着こなしをご紹介させていただきました。

ここまでアメトラについて色々と述べてきましたが、アメトラ最大の魅力は何と言っても着こなしの幅にあると考えています。

 

アメリカントラディショナルファッション

 

着こなし例を見て分かるように、着こなしは十人十色であり着用者の想像力の分だけあると思います。

それはまさに、自由の国アメリカを表しているように感じ、それゆえに最も楽しいファッションスタイルであると思っています。

 

今回を機に少しでもアメトラに興味を持って頂けたら、ぜひ挑戦してみてください。

 

合わせて読みたい

  アメカジと並ぶカジュアルファッションの定番、フレンチカジュアル。そのスタイルは何度もトレンドとして取り上げられ、今ではメンズファッションの中でも定番のスタイルになりました。&n[…]

 

みーや
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

アメリカ メンズファッション専門 east dane

スポンサーリンク
>「ファッションはすたれるが、スタイルは永遠だ」 ―イヴ・サンローラン

「ファッションはすたれるが、スタイルは永遠だ」 ―イヴ・サンローラン

【ファッションスタイル】【オシャレアイテム】【アパレル業界】【ファッション雑学・豆知識】センスを思考で磨きましょう。

CTR IMG
error: Content is protected !!