サイズで差がつくスーツの着こなしとは?スタイリッシュな着用ポイントを解説!

スポンサーリンク

 

 

メンズファッションの神様、石津謙介さんの息子でもあるファッションディレクターの石津祥介さん「ファッションはサイズが重要である」とおっしゃっております。

フォーマル、ビジネス、または普段着としてなどスーツを着用する場面は様々ですが、スーツに袖を通すと背筋が伸びるような感覚があり、身が引き締まる思いをするのは私だけではないと思います。

 

また女性目線から見ると、スーツを着用するだけで魅力が増す。。という意見もよく耳にします。

そんなスーツをスタイリッシュに着こなすには、何がポイントでしょうか。

 

 

ブランド?生地の色柄?価格?

どれも自身のモチベーションアップに必要な項目ですが、なにより意識して頂だきたいのがサイズです。

 

サイズを意識するだけで、スーツの着こなしは何倍にもスタイリッシュにする事が出来ます

そんなスーツのサイズのポイントについて、ご説明していきたいと思います。

 

合わせて読みたい

  ビジネスシーンに欠かせないスーツ。何となくスーツを着ている男性も多いでしょうが、男性のスーツ姿にときめく女性は実はとっても多いです! あなたのスーツ姿も知らな[…]

 

 

【オーダースーツ佐田】若者向けオーダースーツ店「店舗数日本一」/ 

 

スポンサーリンク

◇◆【ジャケットのサイズ感】

 

スポンサーリンク

◆肩回りの基本

 

ポイント


「ジャケットは肩で着る」と言います。

ジャケットは肩回りのフィット感が第一と言っても過言ではありません。

 

袖やアームホールに強いシワが入ったりするとサイズが小さいサインです。

また、見た目にはシワなどが出なくても、肩回りに窮屈感を感じるのであれば、やはりそれは小さいと言えます。

反対に袖の外側にシワが入ったり、肩先が落ちてしまうのはサイズが大きいということです。

 

 

スポンサーリンク

◆首回りの基本

 

ポイント


上襟が首にフィットしている事も重要です。

襟が浮いてしまったり、極端に首に負担がかかるほど窮屈な場合は、ジャケットが合っていません。

見た目の美しさだけでなく、着用する事へのストレスになりますので、自分に合ったものを選びましょう。

 

 

スポンサーリンク

◆胴回りの基本

 

ポイント


胴回りとは、ボタンを留める位置のことです。

かつてジャケットの胴回りの大きさは、握りこぶし一個分の余裕が最適とされてきました。

 

しかし今日の場合は、様々なスタイルが定着してきたこともあり、もう少しゆとりを少なくすることでスタイリッシュに見せるというスタイルも良しとされています。

ただし、ボタンを留めた際、大きくX字状にシワが入るのは小さすぎると言えるでしょう

 

 

スポンサーリンク

◆袖丈の基本

 

ポイント


袖丈は、腕を伸ばした状態でシャツが1~1・5cmほど覗く長さが正しいとされています。

袖からシャツが覗くのは短く感じるというお話も耳にしますが、スーツの袖からシャツが覗くのが正式です。

ちなみにシャツの長さは、くるぶしから親指の付け根の中間くらいが望ましいとされています。

 

 

◆着丈の基本

 

ポイント


着丈の長さは、トレンド感が出やすいポイントではありますが、ヒップが隠れるギリギリのラインがベースとなります。

そこから流行やお好みで短く・長くを見ていくようにしましょう。

着丈が長すぎたり短すぎたりするだけで、スーツ全体の印象が大きく変わってくるので、注意しましょう。

 

合わせて読みたい

  「TPO」という言葉を皆様一度は耳にしたことがあるかと思います。TPOの意味がなんとなく分かるという方は多いかと思いますが、果たして実行できているでしょうか。 […]

 

 

オーダースーツがすべて29800円 -ジャストサイズ保証、日本人クオリティ

 

◇◆【パンツのサイズ感】

 

◆ウエストの基本

 

ポイント


ウエストの大きさの目安は、手のひらが入る程度と覚えておきましょう。

きつすぎると窮屈感があるので分かりやすいですが、楽だからという理由でゆとりを多くとってしまうと、ベルトをしめた際に、ウエスト部分がシワになり見た目が大きく損なわれてしまいます。

 

また、ウエスト位置を上げすぎたり、腰パンのようにずらして着用するとウエストだけでなく、ヒップや全体の印象がだらしなく見えたりするのでウエストの位置もしっかり意識しましょう。

 

 

◆ヒップの基本

 

ポイント


ヒップまわりは、ゆとりがありすぎると貧相なイメージもありますし、タイトすぎると見た目にも窮屈感が漂います。

ある程度フィット感がありながら、しゃがんだり椅子に座った時に強い張り感が無いかチェックしましょう。

 

 

◆股下の基本

 

ポイント


パンツ丈は、好みが大きく分かれるポイントです。

オススメは、まっすぐ立った時、足の甲に少し裾がかかるくらいのハーフクッションです。

長めがお好みの方は、足の甲にしっかりと裾がかかったワンクッション、短めがお好みの方は、裾が足の甲に触れないノークッションとなります。

 

合わせて読みたい

  近年メンズファッションにおいて、人気の高い「スラックス」。ビジネスシーンで一般的なアイテムですが、カジュアルな着こなしに取り入れることで上品なムードを演出できます。 […]

 

 

男性に人気!Orobiancoのバッグ

 

◇◆【スタイリッシュなサイジングにするポイント】

 

スーツのサイズ感について、ご理解いただけたかと思いますが、スタイリッシュなサイズ感を目指す上で、もう一つポイントとなるのが、インナーです。

 

スーツの下に着用するドレスシャツは、もともと下着という扱いでした。

そして、ドレスシャツが下着であったというところから、その下にインナーを着用することはNGという教えもあります。・・・が、衛生的な観点からインナーを着ることは当たり前となっていると思います。

 

Tシャツなど、厚みのあるインナーを着用するとサイズ感が悪くなってしまいます。

スーツのサイズ感と同じくらいインナー選びは重要です。

 

スーツに適したものを用意しておきましょう。

 

 

 

合わせて読みたい

  男性の正装であるスーツ。サラリーマンの代名詞としてのイメージをお持ちの方も多いと思います。 しかしビジネスマン以外、まだ社会人になっていない方でも着用しなけれ[…]

 

合わせて読みたい

  役職も上がり、部下もできた…。30代~40代とは、そんな立場の方が多いのではないでしょうか。 それに伴い責任も増えてきます。そんな時に、こんな疑問をよく耳にし[…]

 

合わせて読みたい

  50~60代といえば、会社内では重要な役職に就いたり、大きなプロジェクトの責任者に選ばれるなど、社会的にポジションが高くなっている年齢ですよね。 責任・立場が上がった[…]

 

 

◇◆サイズで差がつくスーツの着こなし方法【まとめ】

 

いかがでしたでしょうか。

スーツの着こなしは、サイズ感が全てです。

どんなに高級なスーツを着用しても、サイズが合っていないだけで、その価値は発揮されないでしょう。

 

自分に合ったブランドを探してみたり、最近では様々なブランドからオーダースーツが出ておりますので、オーダーをして自分のサイズを知るのもオススメです。

 

スーツをスタイリッシュに着こなしていきましょう!

 

合わせて読みたい

  ビジネスマンにとっての必須アイテムといえばスーツですよね。最近はカジュアル化の傾向もみられますが、まだまだビジネスシーンではスーツの着用率は圧倒的に高いです。 […]

 

合わせて読みたい

  ビジネスマンにとっての必須アイテムといえばスーツですよね。最近はカジュアル化の傾向もみられますが、まだまだビジネスシーンではスーツの着用率は圧倒的に高いです。 […]

 

みーや
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

オンラインオーダージャケット&スーツ専門【USTED KOUAHKINN/アステッドコーキン】

スポンサーリンク
>「ファッションはすたれるが、スタイルは永遠だ」 ―イヴ・サンローラン

「ファッションはすたれるが、スタイルは永遠だ」 ―イヴ・サンローラン

【ファッションスタイル】【オシャレアイテム】【アパレル業界】【ファッション雑学・豆知識】センスを思考で磨きましょう。

CTR IMG
error: Content is protected !!