同じじゃない!知れば知るほど面白いスーツの種類やデザインの違いとは?

スポンサーリンク

 

 

スーツとは、「同じ生地で作成したそろいの上下」のことです。

スーツスタイルは、ネクタイ・シャツで変化はあるものの、スタイリングのほとんどが同じ生地で構成されています。

 

それ故にスーツのデザインは、全て同じだと考えている人も少なくありません。

しかし、スーツには様々なデザインがあり、そのひとつひとつに意味があるのです。

 

 

デザインを知ることで、今まで同じように見えていたスーツの世界観が変わります。

お持ちのスーツのデザインを知る事で、スーツを着用することがもっと楽しくなるはずです。

 

それでは、早速スーツのデザインを見ていきましょう!

 

合わせて読みたい

  ビジネスシーンに欠かせないスーツ。何となくスーツを着ている男性も多いでしょうが、男性のスーツ姿にときめく女性は実はとっても多いです! あなたのスーツ姿も知らな[…]

 

 

【オーダースーツ佐田】若者向けオーダースーツ店「店舗数日本一」

 

スポンサーリンク

◇◆ジャケットのデザイン

 

◆【シングルブレステッド】と【ダブルブレステッド】

 

ジャケットデザインの大きな違いが、一般的に「シングル」「ダブル」と略して呼ばれている2つのスタイルです。

どちらが良いというものではありませんが、フォーマル・ビジネス・カジュアル、どの場面でみてもシングルブレストの比率が高いと思います。

 

軽快な印象に見えやすいシングルは、合わせやすいという声が多いです。

反対にダブルは重厚な印象があり、現代ではファッション要素が強いとも言えるでしょう。

 

合わせて読みたい

  フォーマルウェアと聞いて、何を思い浮かべるでしょうか?「冠婚葬祭に着用する黒いスーツでしょ?」と思う方や、もっとざっくりと「スーツの事でしょ?」と認識している方も少なくないかもしれませ[…]

 

 

スポンサーリンク

■ボタンの種類と数

 

ジャケットの前ボタンの数には、シングル・ダブル共に様々なパターンがあります。

 

★シングルジャケットの1つボタンは、フォーマルスーツのスタイルと考えましょう。

 

イギリスの有名テーラーや、60年代のアメリカンテイストのスタイルでは1つボタンのスーツスタイルも存在しますが、現代のスーツシーンではかなり特殊な例となります。

日本のビジネスシーンでは、難しいスタイルと言えるでしょう。

 

 

ビジネスシーンにおけるスーツスタイルの定番となるのが、シングルブレステッドの2つボタン、もしくは3つボタンです。

 

2つボタンは、ボタン位置なのどの違いはありますが、デザインは一つです。

しかし、3つボタンでは、3つボタン中1つ掛け、3つボタン中1つ掛け段がえり、3つボタン2つ掛けの種類があります。

 

 

3つボタン中1つ掛け段帰りは、アメリカトラッドの象徴とも言えるデザイン。

3つボタン2つ掛けタイプは、Vゾーンが狭く、60年代に流行したアイビーやモッズの流れを感じさせるデザインで、どちらのデザインもスーツのスタイルとしてかなり趣向の強いものになってしまうでしょう。

 

★3つボタンを選ぶ際は、3つボタン中一つ掛けがスタイリングしやすいモデルと言えそうです。

 

合わせて読みたい

  近年のファッションシーンでは、それまであったストリートの強烈な勢いが落ち着き始め、クラシック回帰の流れが来ています。数あるクラシックファッションの中で、今回はアメトラに焦点を当てて解説[…]

 

 

ダブルブレステッドでは、2つボタン1つ掛け・4つボタン1つ掛け・4つボタン2つ掛け・6つボタン2つ掛け・6つボタン3つ掛けとあります。

 

 

ダブルも同じで、現代では主に6つボタン2つ掛けとなります。

それ以外はやはり、趣向の強いデザインと言えますね。

 

合わせて読みたい

  冠婚葬祭などの一年に1度あるかないかの催し事に何を着ていこうかと考えることはあるでしょうか?あまり深く考える方はそう多くはないと思います。 簡単に言ってしまえ[…]

 

 

スポンサーリンク

■ラペルの種類

 

上襟と下襟の合わさった部分をゴージラインと言いますが、このゴージの高さや襟の幅によって様々な表情となり、トレンドが表現されるのがラペルです。

ラペルはジャケットの顔とも言えるでしょう。

 

ノッチドラペルはシングルブレステッドで、最も一般的なラペルです。

 

2つボタン、3つボタンのスーツのジャケットで多く採用されていますが、ビジネスシーンに限らず、カジュアルなデザインのものでも定番となっています。

ジャケット言えば、第一に出てくるラペルデザインがノッチドラペルではないでしょうか。

 

ダブルブレステッドやフォーマルテイストのシングルブレステッドなどで多く採用されるのがピークドラペルです

 

ピークドラペルは、ノッチドラペルと比べると華やかな印象やドレッシーな印象が強いため、着用する場面を少し選ぶかもしれません。

また、ほとんどの場合3つボタンには採用されません。

 

そのほかにも、セミノッチドラペル・セミピークドラペル・ショールカラー・フィッシュマウスなど様々なラペルが存在します。

 

合わせて読みたい

  「TPO」という言葉を皆様一度は耳にしたことがあるかと思います。TPOの意味がなんとなく分かるという方は多いかと思いますが、果たして実行できているでしょうか。 […]

 

 

オーダースーツがすべて29800円 -ジャストサイズ保証、日本人クオリティ

 

スポンサーリンク

■ポケットの種類

 

ポケットの形状も様々な種類がありますが、大きく分けるとフラップポケットとパッチポケットの2種類となります。

一般的なスーツのスタイルでいうとフラップポケットが多く、それに比べてパッチポケットはカジュアルなテイストとなります。

 

いわゆるビジネススーツのポケットとしてはフラップポケットの一択となります

 

 

また、右腕側のフラップポケットの上に小さなフラップポケットが付いたものをチェンジポケットと呼び、イギリスのスタイルの代表的なデザインとして人気があります。

その名の通り、お金やチケットを入れるためのものであったのですが、現在はイギリスのスーツスタイルの象徴的なデザインとして人気があります。

 

 

スポンサーリンク

◆ベントの種類

 

ベントは、ジャケットの後ろ裾に入った切れ込みのことです。

背中心の裾に一つ切れ目が入ったセンターベントと、両脇の裾に2つ切れ目が入ったサイドベンツが一般的なベントとなります。

 

アメリカントラッドの代名詞的なデザインであるフックベントは、センターベントの変形で、ベントの縫い合わせがフック状になったもの。

ベントは入っていないノーベントは、その名の通り切れ込みが入っていないものです。

 

ベントはもともと運動性能を向上させるために生まれたデザインで、その必要がないフォーマルや50年代以前のヨーロッパではノーベントが主流でした。

 

 

オンラインオーダージャケット&スーツ専門【USTED KOUAHKINN/アステッドコーキン】

 

◇◆パンツのデザイン

 

◆【0タック】・【1タック】・【2タック】

 

プリーツの数か多いほどに、タックの深さがあればあるほどパンツのゆとりは多くなります。

そして、流行によってそのサイズ感は変化します。

その流れによってタックの有無に変化が出てきますが、本来は体形や運動性能によって決定するものとなります。

 

0タックはタックが入っていないシンプルな仕様で、細身のシルエットをお探しの場合はこちらがオススメです。

タック入りのパンツと比べ、股上も浅い傾向が強く、スッキリとした印象です。

 

1タック、2タックでは、タックの折り込み方向が前向きのインタックと後ろ向きにタックを折り込んだアウトタックがあります。

一般的にはアウトタックですが、イギリステイストのスタイルではインタックが採用されています。

 

合わせて読みたい

  近年メンズファッションにおいて、人気の高い「スラックス」。ビジネスシーンで一般的なアイテムですが、カジュアルな着こなしに取り入れることで上品なムードを演出できます。 […]

 

 

◆脇ポケットの種類

 

ポケットは斜め・縦の2種類です。

 

斜めポケットは手を出し入れしやすいですが、着席時やタイトなサイズ感のものになると開きやすいといった点があります。

また、縦ポケットはフォーマル仕様で採用される場合が多いです。

ジーンズなどのカジュアルな仕様でよく見られるL字状のポケットなどは、スーツスタイルではあまり見られません。

 

 

◆裾仕上げの種類

 

パンツの裾の仕上げにはシングルとダブルがあります。

 

スーツの裾は、もともとシングルでした。ダブルの起源は諸説ありますが、雨天時に汚れないよう裾をまくり上げたことからスタートしたとされています。

このことからもダブルの方が、シングルよりもカジュアルなデザインということになり、フォーマル仕様ではモーニングカットを含めたシングルということになります

 

 

◆ベルトループの有無

 

現代では、パンツにベルトをすることが当たり前になっているので、ベルトループ有りのスーツが多いです。

しかし、スーツの起源を見てみると、もともとはベルトをしておりませんでした。

 

では、どうしていたのかというと、ベルトではなくサスペンダーを使用していました。

ルトに比べサスペンダーは上に引っ張るスタイルとなるので、パンツのシルエットがキレイに出ます。

 

 

現代でもスーツにこだわりがある方は、ベルトループ無しのスーツにサスペンダーを使用してみると面白いですね。

 

 

 

合わせて読みたい

  ビジネスマンにとって、スーツは毎日着るもの。あなたも、スーツに合わせる“ネクタイ”や“タイピン”の選び方に悩んだことがありませんか?しかも、ビジネスシーンの中でも場面によって適[…]

 

 

 

<メンズ>デザイナーズブランド正規通販ミラベラオム

 

◇◆スーツのデザイン【まとめ】

 

いかがでしたでしょうか?

どのスーツを見ても代わり映えしない・・と感じていた方も多いと思います。

 

しかし、スーツには様々なデザインの違いがあり、デザインごとのテイストがある事がお分かり頂けたと思います。

デザインを知る事で、ご自身の好みを探すのも良し、好きなスーツのテイストを極めるのも良し。

 

ある意味、ビジネススーツは戦闘服です。

どんな装備をして戦場を出向くのかは、ビジネスマンにとっての生死を分けると言うと大げさでしょうが、それほどまでに身近で大切なポイントでしょう。

 

 

今回の記事で、スーツがビジネスの糧となって頂ければ嬉しいです。

まずは、ご自身のスーツのデザインを今一度見直してみると、新しい発見があるかもしれませんよ。

 

合わせて読みたい

  ビジネスマンで最も大切なものが“信頼感”!取引先、お客様、社内の上司など、いろいろな立場の人から常に評価されますよね。 そんなビジネスマンが相手に好印象を持っ[…]

 

みーや
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

【PR】欲しい服がきっと見つかる メンズ服通販Dcollection

スポンサーリンク
>「ファッションはすたれるが、スタイルは永遠だ」 ―イヴ・サンローラン

「ファッションはすたれるが、スタイルは永遠だ」 ―イヴ・サンローラン

【ファッションスタイル】【オシャレアイテム】【アパレル業界】【ファッション雑学・豆知識】センスを思考で磨きましょう。

CTR IMG
error: Content is protected !!