スーツにおすすめな革靴のデザインとは?合わせる革靴のルールを解説!

スポンサーリンク

 

 

「お洒落は足元から」と言います。

靴よりも面積の大多数を占める衣服の方が重要だろう!、と思う方も少なくないかもしれません。

しかし、これには理由があるようです。

 

人間の視線は先端に手中するという習性があります。

他人の頭の先端の寝ぐせ、シャツの袖先のほつれ、ジャケットの裾に入ったシワなど無意識に目が行ってしまう・・・。という経験をされた方も多いはずです。

体の先端である足先を見てしまうのは、当然の事と言っていいでしょう。

 

 

上記からも分かるように、靴はファッションにおいて絶大なポジションを担っております。

どれだけ素敵なコーディネートであったとしても、合わせる靴で台無しになってしまうことだってあるのです。

 

特にスーツでは、靴のルールが明確化しています。

フォーマルやビジネスシーンにおいては、選ぶシューズによってはTPOから大きく外れてしまい、相手側に対して失礼に値する・・。といったことにもなりかねません。

 

靴の合わせ方の基本を知る事で、一つ上のスーツスタイルを手に入れましょう!

 

合わせて読みたい

  男性が日常的に使う靴には革靴やブーツ、スニーカーなどいくつか種類があり、それぞれ特性が違います。ですが、洋服のコーディネートにばかり意識が向いてしまい、つい何となく選んでいませんか?[…]

 

 

メンズレザーアイテム・高品質で最高のコスパに挑戦中!【MORAL CODE】

 

スポンサーリンク

◇◆革靴デザインの種類

 

スーツに合わせる靴は、基本的に革靴となります。

革靴はデザインによって、そのフォーマル度が異なります。

 

フォーマルな場に着用するスーツスタイルに合わせる革靴。

ビジネススーツに合わせる革靴。

少し気崩したスーツスタイル、またはジャケットスタイルに合わせる革靴・・・。

などなど、合わせるスーツによって選択肢は様々です。

 

中でもポイントとなるディティールが「内羽根」「外羽根」と呼ばれる箇所です。

 

ハトメ(靴紐を通す穴の部分)、いわゆる甲の部分がアッパー部分と一体化しているのが内羽根式。

ハトメが付いた革が、アッパーより上に出たデザインを外羽根式となります。

 

 

内羽根式がフォーマル外羽根式がカジュアルという認識です。

また、トゥー(つま先)などにメダリオン(穴飾り)が多いほど、カジュアルなテイストになります。

デザイン以外でも、色でフォーマル度が変化します。

黒が最もフォーマル、茶やそれ以外の色は、明るければ明るいほどカジュアルに映りますので注意しましょう。

 

革靴のデザインの性質は様々です。

TPO、ご自身のスーツスタイルに合わせてコーディネートをするようにしましょう。

 

合わせて読みたい

  今回はTPOとファッションについてお話ししたいと思います。 ところで、皆さんはいつ洋服を買いますか?私は普段着なら特に欲しいものがなくても、季節の変わり目ごと[…]

 

 

スポンサーリンク

★ストレートチップ

 

横一文字にラインの入ったものが“ストレートチップ”です。
つま先を覆っているデザインから別名キャップトゥーとも呼ばれます。

 

内羽根式と外羽根式がありますが一般的に内羽根の方が多いでしょう。

特に、内羽根式のストレートチップは、冠婚葬祭からビジネスシーンまで活用できる、革靴の中で最も守備範囲の広いデザインです。

スーツを着用する方は、必ず持っておきたい一足ですね。

 

 

ストレートチップにメダリオンが入ると、パンチトキャップトゥー、クオーターブローグ、セミブローグと呼ばれるデザインになります。

飾り付けがある華やかなデザインで、前述の通りストレートチップよりもカジュアルなものとなりますので、ビジネスシーンにオススメです。

 

 

合わせて読みたい

  冠婚葬祭などの一年に1度あるかないかの催し事に何を着ていこうかと考えることはあるでしょうか?あまり深く考える方はそう多くはないと思います。 簡単に言ってしまえ[…]

 

 

スポンサーリンク

★ウィングチップ

 

その名前の通り、つま先に翼のようなWの形の切り替えしが特徴です。
メダリオンが全面的にデザインされており、別名フルブローグとも呼ばれます。

 

象徴的な穴飾りは、元々は水はけの為にデザインされたものです。

というのも、ウィングチップはもともとアイルランドの高地民族であるゲール人の労働のための靴でした。

それがイギリスに渡り、英国貴族のアウトドア用のシューズとして定着します。

 

更にアメリカへと渡り、絶大な人気アイテムとなりました。

ウィングチップから派生した“アメリカンブローグ”は、アメリカントラッドの象徴的アイテムとなっております。

 

合わせて読みたい

  スーツほど“コーディネートが簡単であり難しい洋服”は無いのではないでしょうか。スーツのコーディネートを考えてみますと、「スーツの上下」「シャツ」「ネクタイ」「シューズ」を合わせるだけで[…]

 

ちなみにフルブローグは英国での呼び名、ウィングチップは米国での呼び名です。

上記を踏まえるとウィングチップのコーディネートは、冠婚葬祭などのフォーマルなシーンではなく、ビジネスやカジュアルなコーディネートに向いているということになります。

 

一見重厚感のあるウィングチップも、歴史を紐解くと印象が変わったのではないでしょうか。

イギリススタイル・アメリカンスタイルを意識しながら、コーディネートの味付けにオススメなアイテムです。

 

 

合わせて読みたい

  フォーマルウェアと聞いて、何を思い浮かべるでしょうか?「冠婚葬祭に着用する黒いスーツでしょ?」と思う方や、もっとざっくりと「スーツの事でしょ?」と認識している方も少なくないかもしれませ[…]

 

 

スポンサーリンク

★モンクストラップ

 

モンクストラップは、紐の替わりにバックルとストラップで固定するタイプとなります。

 

デザインは大きく2通りで、バックルが一つの“シングルモンクストラップ”と、バックルが2つの“ダブルモンクストラップ”があります。

 

モンクストラップの起源は、15世紀のアルプス地方の修道士(モンク)が履いていたサンダルと言われております。

そして、英国ウィンザー公が、革靴の最高峰であるジョンロブに特注したのがダブルモンクストラップの発祥とされます。

 

 

トゥのデザインは、シングルモンクがプレーントゥ、ダブルモンクはストレートチップが基本です。

またモンクストラップは、コーディネートの汎用性が高く、様々なシーンで活用が出来る万能選手です。

 

ビジネスシーンでは、タイドアップしたスーツスタイルに。カジュアルなシーンでは、ジャケットスタイルに合わせるのも良いです。

ダブルモンクタイプの場合、上のストラップを外すことで、こなれた印象に気崩すものテクニックの一つです。

 

 

合わせて読みたい

  ビジネスシーンに欠かせないスーツ。何となくスーツを着ている男性も多いでしょうが、男性のスーツ姿にときめく女性は実はとっても多いです! あなたのスーツ姿も知らな[…]

 

 

スポンサーリンク

★タッセルローファー

 

ローファーと聞くと、まず頭に浮かぶのが“コインローファー”ではないでしょうか。

アメリカ東部に集まる、名門大学生から生まれた“アイビールック”の象徴でもある、紺ブレにチノパンといったスタイルにも欠かせないアイテムです。

 

 

ローファーとは「怠け者」という意味で、その名前からも分かるように、ビジネスシーンでのスーツスタイルには向きません。

そのため、ジャケットスタイルやカジュアルスタイルなどとのコーディネートとは好相性です。

しかし、ローファーでもビジネスシーンなどで活用できるデザインがあります。

甲の部分に房飾りが付いたデザインが特徴的な「タッセルローファー」です。

 

タッセルローファーの起源は、アメリカのハリウッド俳優が英国王のタッセル靴に感化され、アメリカの象徴とも言えるオールデンに特注した事が始まりです。

アメリカでは弁護士が好んで履いていたことから、「弁護士の靴」とも言われております。

 

キッチリとビジネスライクなコーディネートにも合いますし、ジャケットスタイルなどの少しカジュアルなビジネススタイルにもハマります。

 

 

合わせて読みたい

  スーツとは、「同じ生地で作成したそろいの上下」のことです。スーツスタイルは、ネクタイ・シャツで変化はあるものの、スタイリングのほとんどが同じ生地で構成されています。 […]

 

 

有名アスリート300人以上愛用の高機能インソール【TENTIAL】

 

◇◆スーツと革靴のルール【まとめ】

 

いかがでしたでしょうか。

今回は、スーツにオススメな革靴のデザインをご紹介しました。

 

ファッションは自由です。しかし、着用していくシーンに合わせて、ファッションで敬意や想いを表示するものでもあるのです。

その為の一つの手段として、アイテムのルーツを知ることが挙げられます。

どんな流れで現在の形で生まれたてきたのか・・を知ることは、ご自身のファッションを洗練させていくはずです。

 

 

★スーツの革靴は、フォーマルな場ではストレートチップを基準に考えましょう。
★スーツスタイルに少し味付けをしたい時はメダリオンが入ったモノや、モンクストラップも良いでしょう。


★ドレスダウンしたスタイルを楽しむ時はタッセルローファーもオススメです。

 

お洒落は足元から!

ぜひお気に入りの一足を探してみてください!

 

合わせて読みたい

  皆さんはドレスシューズをお持ちでしょうか?仕事用や冠婚葬祭で履くために、持っている方も多いと思います。 しかし、ドレスシューズが活躍する場面はビジネスやきちん[…]

 

みーや
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

スマホで簡単、あなたサイズのセットアップ/  

 

スポンサーリンク
>「ファッションはすたれるが、スタイルは永遠だ」 ―イヴ・サンローラン

「ファッションはすたれるが、スタイルは永遠だ」 ―イヴ・サンローラン

【ファッションスタイル】【オシャレアイテム】【アパレル業界】【ファッション雑学・豆知識】センスを思考で磨きましょう。

CTR IMG
error: Content is protected !!