【メンズ】ロックファッションって?現代風な令和ニューロックコーディネートをご紹介!

スポンサーリンク

 

ロックファッション

 

そもそもロックファッションってどういうファッション?

ロックファッションの始まりは、「パンク・ロック」というテイストで、1970年代のロンドンで生まれました。

 

当時不況下にあったロンドンで「権威に反発する」姿勢が、若者達に指示を得て広まっていきます。

その際に「セックス・ピストルズ」「ヴィヴィアン・ウエストウッド」などが中心となりますが、70年代後半になると衰退。

パンク・ロックファッションは多くのデザイナーに影響を受け、現代に広まっていきます。

 

今回はそんなロックファッションの魅力や、おすすめコーディネートを余すことなくご紹介していきます!

 

合わせて読みたい

  皆さんは普段どんな服着られますか?また、ファッションにおいて何が流行っているかトレンドを把握できていますか? 最近のファッションカルチャーって、何がお洒落なの[…]

 

 

無難なモテ服をマネキン買い『メンズファッションプラス』

 

スポンサーリンク

◇◆日本でのロックファッションの流れ

ロックファッション

 

日本では90年代のバンドブームがあった頃から、パンク・ロックファッションは常に一つのジャンルとして確立しています。

2007年前後にお兄系などのジャンルが流行った時も、渋谷の街はロックテイストのファッションをする方が溢れていましたよね。

 

ロックファッションは2021年になった現在、新たなトレンドの波を立てています。

 

しかし、従来とは違う形で取り入れられているので、ここでは今風なロックファッションの着こなしについて解説いたします。

 

 

スポンサーリンク

◇◆ロックファッション【今風な取り入れ方のポイント】

ロックファッション

 

従来のロックスタイルはハード・タイト目・ダメージ・男らしさなどがキーワードですが、近年では敬遠されがち。

 

今回はそんな従来のロックファッションを脱却したスタイルを紹介したいと思います。

トレンド感も取り入れながら、是非今風な着こなしをマスターしてください。

 

 

スポンサーリンク

★新しいシルエットで着こなす

 

コーデポイント


従来のロックスタイルと違う点は、ワイドめのパンツを合わせている・クリーンなカラーのボトムでコーディネートしていることです。

全体を緩めのシルエットでまとめることでトレンド感を取り入れる事が出来、上品なロックスタイルに仕上がります。

注意点は、あまりハードな印象を与えないこと。

ボトムのカラーリングは慎重に選びましょう。例えば、極度なダメージジーンズは避けた方が無難です。

 

合わせて読みたい

  オシャレなコーディネートを組むために、大切なのがシルエットを意識すること。きれいなラインのシルエットでまとめるだけで、コーディネートがより魅力的になります。 […]

 

 

この投稿をInstagramで見る

yasu(@tk__yasu)がシェアした投稿

 

コーデポイント


少しハイレベルなコーデです。

ポイントはフェイクレザーセットアップを、いかに重くなく着こなすかです。

明るめのカラーのフォトTシャツ(WHITEでも大丈夫ですが、プリントに色が入っていると明るい雰囲気になります)をインナーに持って来るなどして、軽さでバランスを取ってください。

レザーシューズで締めると綺麗めな雰囲気に仕上がります。

 

合わせて読みたい

  男性が日常的に使う靴には革靴やブーツ、スニーカーなどいくつか種類があり、それぞれ特性が違います。ですが、洋服のコーディネートにばかり意識が向いてしまい、つい何となく選んでいませんか?[…]

 

 

スポンサーリンク

★明るめのカラーを取り入れてブラックを脱却

 

コーデポイント


ロックファッションといえば黒を基調としたコーデがメインですが、明るめのカラーを取り入れてみてはいかがでしょうか?

こちらはタイトなスキニーデニムにプリントTシャツを合わせてロック感を演出しつつ、ベージュのワークジャケットで外しています。

外しのアイテムは、色合いのあるアウターを持ってくること。

ベージュカラーは近年トレンドカラーとして注目されているので、おススメです。

 

合わせて読みたい

  街で目を惹くファッションには特徴があります。 それは配色です!色の使い方次第でコーデの雰囲気が大きく左右されます。 女性のようにメイ[…]

 

 

 

コーデポイント


明るめのトップスにチェックシャツの腰巻と細目のボトムスでロックテイストを取り入れています。

ポイントはホワイトのパーカーをトップスにしてストリート感を出しているところです。

レザージャケットなどを合わせると古臭くなるので注意です。

腰巻をするのであれば、ロック感のあるトップスは避けるようにしましょう。

 

合わせて読みたい

  ストリートファッションって?ストリートファッションとは、街の若者達から自然発生したファッションの総称です。つまり、“街に集まるオシャレな若者達が生み出す”スタイルのことです。&[…]

 

 

<メンズ>デザイナーズブランド正規通販ミラベラオム

 

スポンサーリンク

★ハード感より甘さやストリート感をプラス

 

コーデポイント


男らしいロックスタイルもカッコ良いですが、おすすめは少し甘さをプラスすること。

こちらはシンプルですが、緩めのプルオーバーパーカーで甘さを出しています。

身近なアイテムで真似しやすく、お洒落なコーディネイトです。

 

メリハリを付けるために、インナーには白などの明るめカラーを差してください。

余裕のある方は、無地パーカーやデニムのダメージリメイクにもチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

合わせて読みたい

  パーカーは、実はおしゃれメンズほど上手に着こなしているのをご存知ですか?色はもちろん、サイズ感や素材など様々なシチュエーションに使い分けが出来、着こなし次第で印象が変える事ができる役割[…]

 

 

 

コーデポイント


従来のロックスタイルは「ハードさ」が特徴ですが、現在のトレンドは「コンサバでクリーン」。

ホワイトパンツをうまく着こなせばクリーン感が上がります。

注意点は緩めのシルエットでチョイスすることです。

インナーにネルチェックシャツ+バンドTシャツでさりげなくロック感を出し、見事に男らしさと甘さの絶妙なバランスを取ったコーディネイトです。

 

合わせて読みたい

  チェックシャツはどのジャンルにも出てくるおしゃれの鉄板アイテムです。ファッションのジャンルにこだわってる人も、そうじゃない人も必ず役に立つでしょう。 またカラ[…]

 

 

 

コーデポイント


緩めのMA-1にバンドTシャツをリメイクしたジャケットをメインにした、個性派コーデ。

緩めのトップスをチョイスするだけで、簡単に甘さをプラスすることができます

ただし大きすぎるシルエットはNG。

全体のバランスを見ながら慎重にチョイスするようにしましょう。

 

 

 

コーデポイント


ブラックベースやシルバーアクセを中心に、シルエットバランスに拘ったコーディネートです。

ここでの甘さは、アウターにニットジャケットをプラしていること。

柔らかい素材のアイテムをオンすることで、多少他のアイテムがハードでも、全体のバランスをしっかりと取る事が出来ます。

 

合わせて読みたい

 この投稿をInstagramで見るYOHJI YAMAMOTO Inc.(@yohjiyamamotoinc)がシェアした投稿 みなさんはモードファッショ[…]

 

 

◇◆ロックファッション【おすすめアイテム集】

ロックファッション

 

先述で紹介したロックスタイルをするにあたり、あると便利なアイテムをご紹介します。

これを取り入れるだけで、コーディネートにロックな雰囲気を出すことができます。

 

 

①チェックシャツ

チェックシャツ

出典:https://rakuten.co.jp

 

アイテムポイント


チェックシャツは従来も現在も、ロックファッションには欠かせないアイテムです。

グレンチェックは様々なアイテムに合わせやすく、着回しが利くので、是非1着もっておくことをおススメします。

 

 

チェックシャツ

出典:https://rakuten.co.jp

 

アイテムポイント


ベーシックなチェックシャツをお持ちの方は、こんなシルエットに拘ったチェックシャツはいかがでしょうか。

緩めの特徴のあるシルエットは1枚でコーディネートの主役になること間違い無しです。

 

 

②プリントカットソー

プリントカットソー

出典:https://www.amazon.co.jp

 

アイテムポイント


フォトプリントなどの大胆なプリントのカットソーをインナーに差し込むだけで、簡単にロックファッションが楽しめます。

パーカーは流用性も高く、ハードになりすぎないために中和出来るアイテムでもあります。

プリントデザインの物をピックアップすると良いでしょう。

 

 

 

プリントカットソー

出典:https://www.amazon.co.jp

 

アイテムポイント


フォトプリントは一歩間違えるとチープな雰囲気になってしまいがち。

プリントのクオリティとバランスを意識して選ぶようにしましょう。

上記は2手法のプリントがミックスされたものですので、高級感のある雰囲気になります。

 

 

プリントカットソー

出典:https://rakuten.co.jp

 

アイテムポイント


基本的にはあまり色を使わないロックファッションですので、大胆なカラーリングの使ったデザインをインナーに差すと非常に映えます。

色彩のバランスも絶妙で、取り入れやすい色味のアイテムだと思います。

普段コーディネートをモノトーンでまとめがちな方におススメです。

 

 

合わせて読みたい

  モノトーンコーデとは?無彩色といわれる『白』『黒』『グレー』を着こなすファッションをモノトーンコーデと呼ばれています。 モノトーンコーデをスマートにこなれた印象に着こ[…]

 

 

③フェイクレザーアイテム

フェイクレザーパンツ

出典:https://rakuten.co.jp

 

アイテムポイント


近年若者の間でトレンドとなっている、フェイクレザーアイテム。

特にパンツは、良く着用している方を見かけますね。

本革よりもソフトで柔らかい印象が強いので、ハード過ぎるのが苦手でロック調でも外したい方にはおすすめの素材ですね。

緩めのフェイクレザーパンツは着こなしが難しいように思えますが、黒をチョイスすると、合わせやすく簡単にトレンド感&ロック風を作る事ができます。

コーディネートの際、トップスはハードになりすぎないようにするのが今風です。

 

 

 

フェイクレザーシャツ

出典:https://rakuten.co.jp

 

アイテムポイント


プリント部分にフェイクレザーを取り入れたアイテム。

さりげなさがお洒落な、ロックな雰囲気を持つアイテムです。

シルバーアクセなどと一緒に着こなすと、カッコイイですね。

 

 

 

全国店舗で大人気!季節のトレンドアイテムを多数展開【AZUL BY MOUSSY】

 

◇◆ロックファッション【買うべきおすすめブランド3選!】

ロックファッションコーデ

 

ロックファッションをするにあたり、ブランドはとても重要です。

スキニーパンツやチェックシャツなど、ベーシックなアイテムがコーディネイトの軸となるからです。

感度の高いブランドより、しっかり作りこまれた究極のベーシックを選び、奥行きのあるスタイルを目指しましょう。

 

①DIESEL/ディーゼル

 

ブランドポイント


言わずと知れた有名インポートブランド。

デニムはサイズも幅広く有名ですが、基本的にはトータルアイテム展開しており、非常にクオリティが高いです。

ロック・ミュージックなどのカルチャーを取り入れたテイストが特徴ですが、トレンド性を絶妙にミックスしておりますので、このブランドで購入してれば間違いありません。

 

 

 

②NUMBER (N)INE/ナンバーナイン

 

ブランドポイント


こちらは国内でその名を轟かせた、まさにロックの王道を行くドメスティックブランド。

近年はリブランディングを行っており、非常に買いやすい価格帯になっています。

アイテムはシンプルで合わせやすいものが多いので、定番品を探す際に除いてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

③UNDER COVER/アンダーカバー

 

ブランドポイント


こちらも超有名な国内産ブランド。

芸能人にも愛用者が多いです。元々パンクテイストをベースにしたデザインが特徴で、プリントは非常にクオリティが高く、ロックファッション好きの方は心を動かされるのではないでしょうか。

 

 

 

◇◆令和のロックファッション【まとめ】

ロックファッション

 

いかがでしたでしょうか。

今回はトレンドの交えた従来のロックファッション脱却というテーマについてまとめていきました。

少しシルエットを変えたり、カラーアイテムを取り入れることで、全然印象が変わる事が分かりますね。

 

ロックバンド

 

ロックファッションって少し取り入れづらいという印象もあると思いますが、まずはロックな雰囲気のあるアイテムを1点コーディネイトに差し込むことから始めるのが良いでしょう。

また、「ハードさ←→甘さ」のバランスを考えながら、新たな視点でコーディネートに挑戦してみてください。

 

合わせて読みたい

  近年の気候変動によって、世の中の関心はサステナブルやSDGsに傾く中、ファッションにもその流れが押し寄せてきました。業界内では何十年も前からサスティナブルの走りと言っても過言ではない「[…]

 

みーや
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

ユナイテッドアローズ公式通販【グリ─ンレーベル リラクシング】

スポンサーリンク
>「ファッションはすたれるが、スタイルは永遠だ」 ―イヴ・サンローラン

「ファッションはすたれるが、スタイルは永遠だ」 ―イヴ・サンローラン

【ファッションスタイル】【オシャレアイテム】【アパレル業界】【ファッション雑学・豆知識】センスを思考で磨きましょう。

CTR IMG
error: Content is protected !!