【90’sレディース】1990年代のファッションとは?特徴と魅力を現代風にアレンジコーデ術!

スポンサーリンク

 

 

1990年代を感じるファッションやカルチャーは、実は2021年の今でもリバイバルと称して世の中に溢れています。

近年のトレンドになっているベルボトムやフレアパンツ、ダメージのたくさん入ったワイドなシルエットのデニム。

そこに短めのポロシャツやキャミソールの重ね着など、当時流行したものが現代で再燃しているのです。

 

 

また、若い女性の間で流行しているレトロな純喫茶や古着巡りなどもレトロなカルチャーが現代で再度流行している例の一つです。

その中でも1990年代は一体どんな時代だったのか。

現代から見た約30年前のカルチャーやファッションはどのような空気感で、レトロとして現代にも浸透しているのか。

今回はそんな、90年代の魅力に迫っていきたいと思います。

 

合わせて読みたい

  「レトロファッション」、という言葉を聞いたときに何が思い浮かびますか?すこし昔のファッションスタイルや、懐かしさを感じるアイテム、古着など、レトロと呼ばれるものが多すぎてわからない!な[…]

 

 

東京ガールズコレクション公式通販【SHOPLIST.com】

 

スポンサーリンク

◇◆多様化が進んだ1990年代

 

今から30年前といえば、そう大きく世の中は変わらないと思う方も多いのではないでしょうか?

1990年代は世界的にも歴史に残るような大きな出来事も多く、日本の経済やカルチャーも大きく揺れ動いた時代でもありました。

 

 

スポンサーリンク

■急速に変わる世界情勢

 

80年代から続く時代の流れに加え、新しい技術や文化が盛り込まれていく中で世界ではベルリンの壁が取り壊され、ソビエト連邦が崩壊。

日本では間もなくして、バブルの崩壊を迎えます。

それにともない、ファッションはより自由と多様性を求めるようになっていきました。

80年代に流行したボディコンシャスや、体のラインを強調するファッションは次第に緩やかなラインになり、豪華な装飾や世界各国の民族衣装を取り入れたようなデザインが、オートクチュールやプレタポルテで多く見られるようになりました。

 

合わせて読みたい

  1980年代は今から約40年前。60年代や70年代はどこか遠い昔のことのように思えたのに、急に身近に感じませんか?レトロと近代の中間のような80年代は、現代のファッションや産業[…]

 

 

スポンサーリンク

■グローバル化が進むファッション

 

ファッションといえばパリ、ミラノ、ニューヨークが中心でしたが、時代が進むにつれ自由を求める声が大きくなったことから、ファッションの拠点も世界各国に広がっていきました。

ベルギーのアントワープを拠点に置くデザイナーや、ロンドンのセントラル・セント・マーチンズ出身のデザイナーも多く活躍しています。

 

 

スポンサーリンク

■ミニマリストの登場

 

現在では当たり前に浸透している「ミニマリスト」という言葉。

元は最小限のものを表すミニマルという言葉から派生したもので、身の回りの物など、余計なものを持たず最小限で生きる事がよいと考える人を指し、トレンドにまであがりました。

豪華な装飾のファッションが流行した半面で、装飾や配色を最小限におさえたシンプルなファッションもミニマリストの間で流行しました。

 

合わせて読みたい

  最近よく聞くミニマリスト。そのライフスタイルに憧れている方も少なくないはず。 そんなミニマリストさんたちのファッションは一体どのようなものなのでしょうか?[…]

 

 

海外デザイナーズブランド正規通販 ミラベラ

 

スポンサーリンク

◇◆新しい時代と新しい価値観

 

時代が変われば人々の心も変わっていきます。

ファッションはそんな時代の変化に大きく影響され、現在へと続く新たなスタイルが確立していったのです。

ここでは、数ある90年代スタイルからいくつかピックアップしてご紹介していきます。

 

 

★シャビールック

 

ファッションがグローバル化していき、美術大月出身のデザイナーも世界各国で目立っている中で代表的とも言われたのがマルタン・マルジェラでした。

マルジェラは80年代にファッション界を賑わせた山本耀司(ヨウジヤマモト)や、川久保玲(コム・デ・ギャルソン)「布をふんだんに使ったアバンギャルドなファッション」に影響を受け、ゆとりのある古着のような仕上げのシャルビールックを打ち出し世界に衝撃を与えたのです。

 

 

★グランジファッション

 

グランジとは、ロックジャンルのひとつで「汚れた」「薄汚い」という意味の言葉が語源。

ネルシャツやカーディガン、ダメージジーンズなどを使い、カジュアルかつ70年代のパンクロックをもう少し柔らかく表現したようなファッションが特徴です。

このスタイルは、シャビールックの影響を受けて生まれたとも言われています。

 

合わせて読みたい

  1つは持っておきたい“長く使えるアイテム”。それに加えて“着回しが効く”となると、更に嬉しいですよね。 「でも、そんな中でも自分らしさも欲しい…」そんな欲張り[…]

 

 

★ストリートカルチャー

 

90年代といえばストリートカルチャーを思い浮かべる人は多いのではないでしょうか?

実際にHIPHOP、ラップミュージックは1980年代の終わりから1990年代の初めが全盛期だったことから、ファッションも大きく流通していきました。

オーバーサイズのトップスに大きなアクセサリーと、スニーカーやジャージといったスポーティなアイテムを組み合わせたファッションは原色が多く、とてもエネルギッシュなものでした。

 

合わせて読みたい

  ユニセックスなイメージで人気のストリートファッション。ストリートファッションは、その名の通りストリート(街)で生まれたファッションのことをいいます。 デザイナ[…]

 

 

大人のためのファストファッションストア「coca」

 

◇◆90sファッションってどんなファッション?

 

様々な価値観が新たに生まれた90年代は、ファッションスタイルにも自由という概念がにじみ出ています。

体のラインをぴったりと出さなくなったラフなスタイルは、世界に浸透していったのです。

その中でも、90年代はどのようなファッションが流行していったのでしょうか?

 

 

■ストリートやヒップホップのカジュアルさ

 

ストリートカルチャーが盛り上がると同時に、ファッションにもその波は訪れました。

オーバーサイズのTシャツやカットソーに、ゴールドのチェーン。

リングなどの大ぶりなアクセサリーとハイカットのスニーカーは、当時のラッパーが好んだスタイルとして現代にも浸透しています。

 

この投稿をInstagramで見る

REMI(@iam_rm_carhartt)がシェアした投稿

 

ジャージを上から組み合わせて、キャップを取り入れるとよりカジュアルに。

ボトムスはハーフパンツにすると、ストリート感がグッとアップします。

 

合わせて読みたい

  ここ数年、ストリートファッションの中でもモノトーンスタイルできれいめに着ている人が増えているのをご存知でしょうか?知らず知らずのうちにじわじわと増えてるそのスタイルのジャンルは、『モー[…]

 

 

■古着を使ったシャビールック

 

布を多く使い、ほつれや色褪せなど古着仕立てのファッションは、貧困者風ファッションとも言われていました。

パッチワークやダメージ加工など、ボトムだけでなくトップスに取り入れることで従来のきれいなパターンを使った服からは離れたイメージが、ファッション界では新鮮だったのです。

 

この投稿をInstagramで見る

Ku^(くう)(@akiko_hosoi)がシェアした投稿

 

色褪せたレトロ感がおしゃれなシャビールックは、古着を使うことで再現が簡単に。

最近のトレンドにもなっているレイヤードスタイルを取り入れて、古着のシャツとハイネックなどの組み合わせがおしゃれですよ。

 

合わせて読みたい

  お出掛けの際、街であなたはお洒落でカワイイ古着屋さんや、つい目を引くデザインの古着アイテムを見かけた事はありませんか?今や全国様々な場所に存在する古着屋さん。 […]

 

 

■かわいくシンプルなフレンチカジュアル

 

フランスパリジェンヌのシンプルな装いに影響されて、日本で流行したファッション。

クロップド丈のスキニージーンズにボーダーのトップス、赤いバレエシューズやトレンチコート、ベレー帽を組み合わせたファッションは、遠い異国の女性に憧れる女性たちの間で大流行しました。

 

 

現代ではもはや当たり前となったフレンチカジュアルは、当時のファッションとしては非常に衝撃的でした。

 

 

カジュアルになりすぎない大人のブランドOandI

 

◇◆90年代レトロコーデのポイントアイテム

 

当時のファッションをおさらいしたところで、今度はそのレトロファッションにおけるポイントを押さえてみましょう!

これを押さえれば、あなたも90年代レトロコーデがすぐに組めちゃいますよ。

 

 

★オーバーサイズを着こなす

出典:https://rakuten.co.jp

 

アイテムポイント


ヒップホップやストリートファッション、シャビールックはオーバーサイズなどのゆとりが大事になってきます。

男性ファッションのイメージが強い方もいるかもしれませんが、もちろん女性が着こなすのもとっても可愛いんですよ!

オーバーサイズのトップスはシルエットが大きくなるので、ボトムをタイトにしたり丈を短くすることでバランスが取れてスッキリ見せることができます。

 

 

 

★チェックシャツとデニム

出典:https://rakuten.co.jp

 

アイテムポイント


色褪せたデニムやオーバーサイズのネルシャツを合わせるスタイルは、70年代に流行したボヘミアンとパンクスタイルをかけ合わせたような、リラックス感の中にあるロック要素がポイント。

大きめのチェック柄にスキニーパンツやベルボトムを組み合わせるとグッと90sレトロに近づきます!

 

 

合わせて読みたい

  1970年代と聞いて皆さんは何を思い浮かべますか?遠いようで身近に感じられるその時代は、文化や生活だけでなくファッションも目まぐるしく変化していった激動の時代でもありました。&[…]

 

 

★カーディガンの活用

出典:https://rakuten.co.jp

 

アイテムポイント


フレンチカジュアルを代表するアイテムの一つであるカーディガン。

色味がはっきりしたものやショート丈は、レトロ感をアップさせるのでおすすめ!

サラッと羽織ってフレンチカジュアルコーデを完成させてみてください。

全体の差し色として活用するのもおしゃれで可愛いですよね。

 

 

合わせて読みたい

  素敵なファッションコーディネートに仕上げるためには、いくつか押さえておくポイントがあります。 トータルバランス、色の組み合わせやトレンドをおさえるのはもちろんですが、[…]

 

 

◇◆令和に落とし込むレトロコーデアレンジ術!

 

90年代レトロコーデのポイントを押さえたところで、令和風にアレンジを加えてみましょう。

レトロすぎると不安だったり、トレンドも押さえておきたい!なんて方も大丈夫です。

ここでは、令和に90年代要素を落とし込んだレトロコーデをご紹介しちゃいます。

 

 

■オーバーサイズでこなれ感を出して

出典:https://rakuten.co.jp

 

コーデポイント


オーバーサイズのTシャツやカットソーはスポーティーすぎて迷ってしまう、という方はオーバーサイズのブラウスを使ってみて!

デニムと合わせることで程よいカジュアル感を出しながら、キレイめコーデが組めちゃいます。

近年トレンドになっているシアーシャツで令和の風も取り入れらますよ。

 

 

合わせて読みたい

 出典:https://rakuten.co.jp 今季から注目を集めているシアーシャツ。実は、シアーシャツは1枚持っているだけで年中コーディネートが楽しめる優れモノなのです!&n[…]

 

 

■ダメージデニムの淡色コーデ

出典:https://rakuten.co.jp

 

コーデポイント


ダメージデニムはそれだけでレトロアイテムなので、トップ部分は抜け感を演出してバランスを取って。

スクエアネックのニットトップスと程よい網目のサマーニットカーディガンで、ヘルシーな肌見せに!

今っぽコーデにレトロアイテムの組み合わせを楽しんでみてください。

 

 

合わせて読みたい

  オシャレに欠かせない定番のボトムス『ジーンズ(デニムパンツ)』春夏秋冬シーズン問わず大活躍のジーンズさえ持っていれば日々のコーディネートも困りませんね! シル[…]

 

 

■カーディガンは令和ではこう着こなす!

出典:https://rakuten.co.jp

 

コーデポイント


オフホワイトのワントーンコーデはトレンドにもなっていましたよね。

ボトムにインしたシャツのきっちり感と、ロングカーディガンのバランスがクールなコーデに。

ボタンのないタイプのロングカーディガンは縦のシルエットを強調してくれるので、スッキリ見せたい時にオススメのアイテムです。

 

 

合わせて読みたい

 この投稿をInstagramで見る˗ˏˋ ˎˊ˗(@mako_530)がシェアした投稿 - 2020年11月月1[…]

 

 

■トレンチコートで気分はパリジェンヌ

出典:https://rakuten.co.jp

 

コーデポイント


トレンチコートは元はイギリスの軍用コートでしたが、いつしかパリジェンヌやフレンチカジュアルとイメージを結びつけられることが多くなりました。

カジュアルさを演出するにはキャンディスリーブのトレンチを選ぶと、かっちりとした印象の中にラフな雰囲気も作れちゃうんです。

ワントーンでまとめるもよし、デニムと赤いバレエシューズでフレンチ感を出すもよし。

着回し力抜群のアイテムです。

 

 

 

■ボーダーを使えば簡単フレンチカジュアル

出典:https://rakuten.co.jp

 

コーデポイント


トレンチコートの中に、ボーダーのトップスを合わせてみるのはいかがですか?

ショルダーラインが落ちているシルエットなので、二の腕のカバーにもなる上にリラックス感が出るのでフレンチカジュアルにぴったりなコーデに。

白系のボトムに合わせても、リゾート感がアップして爽やかに着こなせちゃいます。

 

 

 

◇◆90sレトロコーデ【おすすめブランド3選!】

 

ここでは、90年代レトロコーデをもっと簡単にするブランドをご紹介します!

 

 

ブランド①:【agnes b.(アニエスベー)】

出典:https://rakuten.co.jp

 

ブランドポイント


アニエス・べーはフランス、パリから始まったブランドで、シンプルかつ洗練されたアイテムが多く取り揃えられているブランドです。

バッグや財布などの小物のイメージもあると思いますが、本場のフレンチカジュアルアイテムが手に入れられます。

 

 

 

 

ブランド②:【A.P.C.(アー・ぺー・セー)】

出典:https://rakuten.co.jp

 

ブランドポイント


1987年にメンズウェアとして生まれたアーペーセー。

こちらもフランス生まれのブランドです。

シンプルなアイテムが多いながらも、アニエスべーよりもどこかクセのあるデザインが特徴。

創設者であるジャン・トゥイトゥは設立前にケンゾーで働いていたこともあります。

 

 

 

 

ブランド③:【X-girl(エックスガール)】

出典:https://rakuten.co.jp

 

ブランドポイント


1993年にアメリカで生まれたブランドで、ストリートカルチャーなどの要素がたくさん詰まったアイテムが多くあります。

オーバーサイズのトップスや原色のパキッとした色合いが可愛いボトムなど、90年代のストリート、ヒップホップスタイルを取り入れるのにぴったりなブランドです。

 

 

 

 

◇◆90’sレトロファッションコーデ【まとめ】

 

いかがでしたでしょうか。

現代からさかのぼってもそう遠くない90年代のファッションは、今私たちの生活の中にもたくさん存在しています。

レトロと現代の絶妙なラインは、令和のファッションにも溶け込みやすく可愛いものが多いですよね。

 

【90年代ファッションで特に押さえておきたい今回のポイント】

★オーバーサイズのトップスに抑えめのボトムを組み合わせること

★女性でも可愛いストリートファッション、スタイル

 

 

どちらもオーバーサイズがキーワードになっているのでぜひ、キレイめ、ストリートその他のコーデに90年代レトロ要素をコーデに取り入れてみてくださいね。

個人的にはカジュアルフレンチの、ボーダートップスやトレンチコートにボリュームを持たせると抜け感があって可愛いと思います!

皆さんも様々なレトロコーデとともにその時代風を感じて、楽しんでみてくださいね。

 

合わせて読みたい

  レトロファッションと一口に言っても、その時代によって様々な特色を持っています。以前50sレトロについて記事を書きましたが、1950年代を簡単に表すなら「クラシックで上品」をテーマとして[…]

 

みーや
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

お手頃価格で新しいスタイルに挑戦できるブランド【BEEP(ビープ)】/  

 

スポンサーリンク
>「ファッションはすたれるが、スタイルは永遠だ」 ―イヴ・サンローラン

「ファッションはすたれるが、スタイルは永遠だ」 ―イヴ・サンローラン

【ファッションスタイル】【オシャレアイテム】【アパレル業界】【ファッション雑学・豆知識】センスを思考で磨きましょう。

CTR IMG
error: Content is protected !!